トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の記事

2011年4月11日 (月)

砂漠ど真ん中

翌朝、オリオン座が低い空に大きく輝く星空の下
足元を懐中電灯で照らしながらラクダ乗り場に向かう。

ガックン! とラクダが立ち上がると・・・

高い高い! 見回す周囲は砂ばかり。
自然が創りあげた砂の起伏の中を
ラクダはゆっくり進んでいく。

次第に明るくなってくると
砂の世界もグレーから様々な茶色に変わってきた。

日の出を見る小高い丘の麓でラクダを降り
砂山を ザックザックと自分の足で登る。
登りきった小高い丘のてっぺんから
写真で何度も見たことのある“サハラ砂漠”を見渡す。
幸い風もほとんどなく寒さも覚悟したほどではない。

午前7時 今日の太陽が顔を出した。

みるみるうちに明るくなっていく東の空と
命を吹き込まれたかのように色づいていく砂丘を眺める。

冷たいサラサラの砂の感触を手で確かめたり
写真と目で見る風景の違いを実感したりして

再びラクダの待つ窪地に戻る。
下りは簡単・・・ズズズーっと滑るように
アッという間にラクダに到着。

行きには無かった砂に浮かぶ自分のシルエットをカメラに収め
しばしの砂丘散策を楽しんで砂漠体験は終わった。

広大なサハラ砂漠の端っこに
ペタペタと足跡を残し

後ろ髪をひかれる思いでの帰り道
10頭位のラクダを連ねたキャラバン隊とすれ違う。

数日かけてサハラを旅するツアーで
ヨーロッパ人が好む旅のスタイルなんだとか・・・

いいな、いいなぁ、日本人のtraねこだって
大いに好むけれど
日数や言葉の壁があってなかなか実践できないんだよ~~

かの地には 写真と同じ風景が確かにあった。 

そしていま、写真からは感じ取れない
スケールの大きさ」とか「」とか
ラクダの息づかい」とか「ラクダを引く人の瞳」とかが
とても懐かしく思い出される。

2011年4月 9日 (土)

サハラ砂漠への道

P1140861re_re
遠くにウッスラと見えていた山並みが
近づくにつれ次第に茶色くなってきた。
強い西日を受け赤茶色に輝いている。

砂漠の入口の町を4WDで出発したのは約1時間前。
途中から“道路”をはずれ
ガタガタ道 否 道など決まっていないゴツゴツした荒野を爆走している

ちょっと前、我々の車のまっすぐ後方に付いていた他の車が
右45度はるか前方を砂煙をあげて同じように爆走している

“道路”から砂漠に入ったら
コースは現地ドライバー任せ

サハラ砂漠のほとりの村・メルズーガに着いたのは
大きな太陽が砂漠の向こうに姿を隠す頃だった。

今夜の宿の向こう側には広大なジェビ大砂丘が広がっている。

2011年4月 6日 (水)

サハラへ

が咲いた。

さぁ、2月のアーモンドのお花見以来の
今年2回目のお花見だ。

月日が経つのはホントに速い 。
あっという間に2か月前の話になってしまったけれど・・・

2月某日 赤茶色のサラサラ砂の砂漠を見たくて
真冬の日本を旅立った

P1150537_2
天井に2本の天の川が走るエミレーツで
11時間半+9時間半のフライトを経てアフリカ初上陸。

なぜか評判の良いエミレーツ
キャビンアテンダントの質が良いとか
が良いとかのプログラムが充実しているとか・・・
いろいろ聞くけれどキャビンアテンダントに関しては
まぁイロイロで、運次第といったところ。

今回のコースはカサブランカからフェズを経て
低い方のアトラスを越えてサハラに向かう。

フェズの町を出発したは一路サハラへ
サハラへの距離が縮まっていく

トップページ | 2011年5月 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ