« アメリカ原風景(1) | トップページ | アメリカ原風景(3) イエローストーン »

2011年6月23日 (木)

アメリカ原風景(2) ブライスキャニオン

* サンライズ

P6130317_2  ブライスの谷はまだ薄い夜のベールをまとっている

10年くらい前 
旅友(たびとも)のひとりから
ブライスの美しさを聞いて
ずっと訪ねてみたかったブライスキャニオン。

P6130325_2                               太陽が顔をのぞかせると・・・

P6130330_2                           無数の尖塔が華やかに色づいていく

出来る事なら
サンライズとサンセットを見てみたかった。

そして 言葉が出なかったという
月に照らされたその光景も。

いやいや、
この光のショータイムに居合わせた幸せを
感謝しよう

ナバホループ・トレイル の一部

谷底目指しグングン下る

上から見ると画一的に見える尖塔も

近くで見ると様々な姿をしていて
その大きさに圧倒される。

P6130346_2                                  人間がこんなに小さく見える

P6130357_2                            谷底の木は太陽を求めまっすぐ伸びる

いい調子でグングン下っていくと

谷底でUターンを指示される・・・

えっ
ナバホループ・トレイルって
ループなんじゃないの?

グルッと回っても
1~2時間とのことなのに

同じ道を戻れというの?

釈然とせぬままUターンして
グングン下った道を
グングン上がる

同じ風景を二度見て
じっくり復習出来た
ナバホループ・トレイルでした



<追記>
・・・と、ちょっと不満気味だったんだけれど

  ナバホループ・トレイルは
  いつからだったのか不明だけれど(←日付がみえない・・・)

  我々がUターンした先は
  保安上の理由で通行止めになっていたんだとか・・・

  さらに さらに今は
  サンセット・ポイントのトレイル入口で
  ロックアウトなんだとか。

  歩けて良かった!       (2011 8/3 追記)

« アメリカ原風景(1) | トップページ | アメリカ原風景(3) イエローストーン »

アメリカ」カテゴリの記事

コメント

ブライスキャニオンは、ホント圧倒されましたね。
いろいろ回った中でここだけにしかない特徴的な尖塔岩が大好きです。

誰かが「カッパドキアに似ている」と言っていたので帰ってから調べました。
(行ったことがないので・・)

う~~ん 似て非なるものかな。
あの光景はあそこでしか見られないよね。

・・・同じ風景を二度見て
   じっくり復習出来た
   ナバホループ・トレイルでした・・・

この言葉、ピリッとスパイスが効いて最高!!

>ボチェッリファンさん
ブライスにはブライスの、カッパドキアにはカッパドキアの魅力がありますね。
どちらも好きな風景です
これからもスパイス使うぞ~(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ原風景(2) ブライスキャニオン:

« アメリカ原風景(1) | トップページ | アメリカ原風景(3) イエローストーン »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ