« アメリカ原風景(3) イエローストーン | トップページ | アメリカ原風景(5) 再びイエローストーン »

2011年6月25日 (土)

アメリカ原風景(4) モニュメントバレー

P6140529                                                      若かりし トム・ハンクスが走ったこの道から・・・

P6140545_2                                                                             西部劇の舞台へ

砂漠の昼下がりは灼熱地獄修行その1)

雪のイエローストーンの4日後
我々は熱い熱い砂の上を歩いていた

気温 34℃ とか35℃ とかの中
黙々と歩く 帽子に長袖・長ズボンの一行・・・

おまけに 冬から真夏へ一足飛び

これではまるで 修行の旅 じゃ!

ツライ修行なんて ゼッタイ “No!” と言いそうな
半袖・タンクトップ・半ズボンの欧米人が乗ったジープ
目の前を通り過ぎる

P6140550_2

いくら「歩く」がテーマの旅だとは言え
ただ歩きゃいいってものでもない・・・とTraねこは思いつつ修行を続けた・・・

「りっぱなねこになってやる」←(チョット待て 
                                             灼熱地帯を歩けるのがりっぱなねこなのか?)

ツライ修行の後には癒しの時が用意されていた

P6140559_2                                                                       この大きな洞窟の中に・・・・

P6140564_2                                      ナバホの風が・・・・

P6140566_2                                       吹きわたる~~

ジョン・フォードの映画の世界はよく知らないが
きっとかっこいい場面がたくさん展開されたのだろう

モニュメントバレーは現代でも
じゅうぶんにかっこいいところだった

« アメリカ原風景(3) イエローストーン | トップページ | アメリカ原風景(5) 再びイエローストーン »

アメリカ」カテゴリの記事

コメント

・・・気温 34℃ とか35℃ とかの中
   黙々と歩く 帽子に長袖・長ズボンの一行・・・

そう、なんか異様で浮いていましたね。

これに編み笠と杖(ストックを持っている人はいたけど)を持ったら、まるで「お遍路さん」

そりゃね、この年まで生きていれば、懺悔したいこと、悔い改めなければいけないこと
沢山あるけど・・・

・・・「りっぱなねこになってやる」・・・

もう十分りっぱなねこになっていると思うよ。
そういえば、アメリカでは「ねこ」を見かけませんでしたね。
cat という言葉があるのにね・・・

追記:

今度 過酷な修行に出る時 声をかけてね。 

>ボチェッリファンさん
「Cat という言葉があるのにネ」のTさんには
爆笑大賞 を進呈したい!
Tさん、これ読んでいないかなぁ・・・・

修行の旅のお誘い了解

アドレス交換した人みんなに、このブログのこと話してある?
ないなら、私から伝えてもいいかしら?

>ボチェッリファンさん
読むに堪え得ると思ったら
バンバン書き込め~!って伝えてね

了解

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ原風景(4) モニュメントバレー:

« アメリカ原風景(3) イエローストーン | トップページ | アメリカ原風景(5) 再びイエローストーン »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ