« アメリカ原風景(5) 再びイエローストーン | トップページ | アメリカ原風景(7) アンテロープ・キャニオン »

2011年6月27日 (月)

アメリカ原風景(6) グランドキャニオン

P6170852

*深く長い大峡谷←(「グランド・キャニオン」そのままです

訪れた誰もが「スゴイ 」と言うグランドキャニオン

東京~琵琶湖間の距離に等しい約440㎞ も続くこの大峡谷は
リムトレイルを歩いていくと
ずーーっと同じような(Traねこにはそう見えた)眺めが続く

その風景は 
時間により 
天候により 
そして時には見る者の気持ちによって 
さまざまな表情を表わす

P6160710_2                                  朝の陽ざしを受けたキャニオン

P6160778_2                           雲の影が意外と速いスピードで動いていった

P6160804_2                 深い谷底のコロラド川はリムトレイルからは少ししか見えない

サウスカイバブ・トレイル の序の口

ずーーっと 下り続けるとコロラド川に至り
その先を 登り続けるとノースリムに至る
サウスカイバブ・トレイルの一部を歩いた

P6160752                            こんなことにならないよう気をつけましょう

ガイドの見送りを受け ←(エッ  ガイドが見送る???)

つづら折りの道を一気に下り しばらく行くと、
そこからの見晴らしに
だれもが「Ooh Aah !」と言いたくなるというウーハーポイント

「ウーハー!」よりも先の道の様子が気にかかる

ウーハーポイントから の道を歩き始めたら・・・
こんどはすれ違う人の様子が気にかかる

そう、とても苦しそう・・・
ヒーヒー・ゼーゼー・フーフーで挨拶もままならぬ人もいる ・・・
これは30~40分後の自分の姿か・・・

そんなことを思っているうちに
案外簡単に素晴らしい眺めのシーダーリッジに到着

P6160727 達成感
リムの上からの眺めとは一味違うキャニオンを味わって

さて、帰路です

今来た道を引き返すのだが
さっきすれ違った人々の苦しそうな様子 が脳裏に浮かぶ

P6160745                                サワヤカなパークレインジャーに見送られ出発!

登り始めは確かにキツイ

でもそれ以上にきつかったのが
尾根道に吹きつける強風

先に進むことを断念させるようなものすごい風に
吹き飛ばされそうな脅威を感じる

強風地帯を突破すると

P6160747_2                            単調な登り道←これって結構キツイのよね

その先に控えているのは・・・・

P6160751_2                                 青くなぞったのがトレイルです

この登り がある事はモチロンわかっていたけれど
アハハハ・・・・すごいねぇ

P6160755                         曲がりくねったトレイルを 人も登るし馬も登る

P6160765

に道を譲り
落し物をよけながら最後の登りを詰めれば

トレイルヘッドにゴールイン

暑かったし 
久しぶりの山道で
少々息が上がったけれど

眺めは最高!

標準タイムクリアで 「よし」 としよう ・・・・・めでたしめでたし

 

« アメリカ原風景(5) 再びイエローストーン | トップページ | アメリカ原風景(7) アンテロープ・キャニオン »

アメリカ」カテゴリの記事

コメント

・・・ガイドの見送りを受け ←(エッ  ガイドが見送る???)・・・

ハバネロ級のスパイスね
何故ハバネロ級かは、その場に居た人でないと分からないでしょう。

下りるに従って崖を見る目線が変わっていったのが感動でした。
Traねこさんは歩くのが速くて先頭集団にいたので、
あの勢いで谷底の「ファントムランチ」まで行けるぞ~~ って思ったんじゃない?
あのコースをあと3回分下りれば到着したのにね。

サワヤカなレンジャーさんが写っている写真、地球外生物も写っているような・・・


> ボチェッリファン さん
あの地球外生物の一人(一匹?)は
ボチェッリファン さんですよ~

コロラド川を渡ってファントムランチから
キャニオンを見上げてみたいね

エッ

私が地球外生物?
とすると、真ん中の宇宙服を着ているみたいのかな。
左側はTさん?

すると右側は?
両手広げてスキップしているみたいなのは、本物の地球外生物だったりして

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ原風景(6) グランドキャニオン:

« アメリカ原風景(5) 再びイエローストーン | トップページ | アメリカ原風景(7) アンテロープ・キャニオン »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ