« アメリカ原風景(7) アンテロープ・キャニオン | トップページ | アメリカ原風景(9) 再びヨセミテ »

2011年6月28日 (火)

アメリカ原風景(8) ヨセミテの悟り

P6191034                                      ヨセミテの顔・ハーフドーム

「ヨセミテ」 というと・・・

ナゼかTraねこは ずっと

「岩山の上で遠吠えをするオオカミ」 を
思い浮かべていた

ナゼそう思うようになったのかは ワカラナイ

週末の道路渋滞の先にあったヨセミテは
そんなイメージを覆す明るいリゾートの村だった

P6180924

この明るく楽しいヨセミテで
Traねこを待っていたのは

雪解けの季節にだけ見ることが出来る

世界最大の一枚岩・エルキャピタンをはじめとする数々の奇岩

溢れるの流れ

グレーシャー・ポイントからのナイスビュー

滝の水を浴びながらのハイキング       

だけでなく・・・・

修行その2   も両手を大きく広げて待っていた
            
    (「修行その1」は こちら

ミストトレイル  を歩き終わってやってきた
シャトル の停留所はなんだかスゴイ人の数

聞けば 20分以上  が来ないんだとか・・・

そのとき は 18:40

    ガイドはあせった・・・ジッ と を待つか or 歩きだすか・・・

エッ 何を考えてるの?
もう3時間40分も歩いて きたじゃない・・・

「難しい判断ですねぇ」なんて言ってる!
難しくなんかないよ!

移動が原則なんだから 待てばよい!

しかし ガイドの鶴の一声で 2停留所 歩くことになった・・・
が、歩きだして1分 くらいで 前方から の気配が・・・・当ったりー!

ガッラガラの をむなしく見送った後も
素直な我々は な~んにも文句を言わずに15分間スタスタスタスタ・・・・

P6180981                                                                  たしかに渋滞はしてるけれど・・・・

しかし、しかし です、修行はそれでは終わらなかった

2停留所歩いたところで
今度は遥か前方のヨセミテ滝を指して
鬼のガイドは「あの滝の麓のロッジまで歩きましょう」 とさ・・・

いくら「歩く」がテーマの旅だとは言え
ただ歩きゃいいってものでもない・・・とTraねこは思いつつ

それから60分間の修行を続けた・・・

もう 「もっと りっぱなねこになってやる」 とは思わなかった

そして 悟った ・・・・

 一見 無意味に思える修行でも
 極めれば己の肉体と精神を高め
、 なぁんて 冗談よ  

  無意味な修行は逃げるに然る!

この修行の前段である ミストトレイル話は また改めて

« アメリカ原風景(7) アンテロープ・キャニオン | トップページ | アメリカ原風景(9) 再びヨセミテ »

アメリカ」カテゴリの記事

コメント

Traねこよ  修行に有意義も、無意味もない!!
ただひたすら 己の肉体と精神を高めるため 前進あるのみじゃ!!
休むことは許されぬ!!
歩けば、冷えたビールが待っておるぞ!!
Traねこよ  この世に一匹だけの オンリーワンのねこ をめざすのじゃ!!

という、天の声が聞こえたんじゃないの?

だから、修行僧のようにもくもくと歩いているのかと思った。

ビール 美味しそうに飲んでいたもんね。

>ボチェッリファンさん
・・・修行僧のようにもくもくと歩いている・・・
  ↑
悟りを開いていたのよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ原風景(8) ヨセミテの悟り:

« アメリカ原風景(7) アンテロープ・キャニオン | トップページ | アメリカ原風景(9) 再びヨセミテ »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ