« フェニキア人の道 | トップページ | アメリカ原風景(13) 動物編 »

2011年7月18日 (月)

アメリカ原風景(12) 断崖絶壁

ホースシューベンドの この景観を見下ろすところって
駐車場からすぐの もっとヤワなところかと思っていた。

P6150602_2

写真ではよく見ていたこの眺め・・・

断崖絶壁は ほかにもたくさんあったけれど

ここ ホースシューベンドも
断崖ゼッペキの下にあり
川が湾曲しているところまで で写そうとすると
かなり身を乗り出さなければならない

同じ 断崖ゼッペキ でも
アイルランドの ドゥーン・エンガスの断崖 や モハーの断崖 のように
腹這いになってのぞきこんでいる人がいないのはナゼ?

P1080553                                                               有名な ドゥーン・エンガスの腹這い

P1080647                                            モハーの断崖

ここでも

P1080668                                             ホラ

たまたま だったのかなぁ・・・・

危機察知能力の違いかなぁ・・・

« フェニキア人の道 | トップページ | アメリカ原風景(13) 動物編 »

アメリカ」カテゴリの記事

コメント

・・・同じ 断崖ゼッペキ でも
   アイルランドの ドゥーン・エンガスの断崖 や モハーの断崖 のように
   腹這いになってのぞきこんでいる人がいないのはナゼ?・・・・

アイルランドには行ったことがないけど、たぶん
立った時の線が、違うからだと思うの。

ホースシューベンドは立った状態で、ある程度川が湾曲している所や対岸が見えるでしょ。
だからそのままちょっと前に出れば全て見える。

でもアイルランドの場合は海しか見えない。
どこまで体を乗り出せばいいか分からないので、恐怖心から寝そべる。

もちろん、ホースシューベンドだって、身を乗り出すときは
「へっぴり腰」になるもんね?Traさん?

>ボチェッリファン さん
ナァ~ルホド・・・スルドイ分析 さすがデス。


・・・「へっぴり腰」になるもんね?Traさん?
   ↑
 ハイ、承知しておりヤス・・・腹這いになればよかったぁ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ原風景(12) 断崖絶壁:

« フェニキア人の道 | トップページ | アメリカ原風景(13) 動物編 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ