« 秋色(3) モントリオール | トップページ | 重い! »

2011年9月30日 (金)

ギリギリ

Traねこは たまに生の音 の中に身を置きたくなる。

ちょっと前のことになるけれど
フト思い立って安全地帯のライブに行ってきた。

昔、テレビで独特な雰囲気をまき散らしていたことも
コマーシャルで使われて大ヒットした歌のことも

モチロン 知っているけれど何の興味もなかったし
モチロン ファンでもなかった。

昨年、玉置浩二が音楽活動以外のことでテレビをにぎわせていたころ
なんかの機会に彼の歌を聴いて「 」と思い
来年もライブがあったら行ってみようかな、と思ったけれど

すっかり忘れていた。

9月のある日、新聞で安全地帯のコンサートの記事を見つけ
その10日後位の を購入した。



当日の会場は性別・年代もさまざま

急遽 入手した なので
ファンだったら不満だろうけれど 雰囲気と歌声を聴くだけなら十分な座席に着く。

オープニングは「田園」

客席は総立ち!・・・エッ!チョット待ってよ・・・
                                             ////付いていけるかなぁ・・・どうなるんだろう・・・

ところが玉置の声に伸びがない・・・どうなるんだろう・・・

しかし途中から声はどんどん良くなりラスト近くはもうサイコー

評判には聞いていたけれど
バンドの意外にも(失礼!)骨太な音にもを奪われ・・・ギターの音には魅かれたなぁ

MCなしの あっという間の2時間だった w(゚o゚)w

 振袖腕を突き上げるオバサマやら

 横じわが出たTシャツのお腹がりっぱなオジサマやら

 演奏が始まったら子供のことなんかそっちのけの親子連れやら

 昔の安全地帯を知っているのかなぁ、と思ってしまうオネエサンやら

 始まるまではジミ~に着席していたのに始まったら立ちっぱなしの中年夫婦やら・・・

そんな観客もツブサニ観察してきたTraねこは

ステージからも 客席からも 元気をいただいてきた




玉置浩二や安全地帯のバックグラウンドはよく分からないけれど

ギリギリのところで生きている人って
ときに素晴らしい輝き を放つんじゃないかしら

« 秋色(3) モントリオール | トップページ | 重い! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

・・・ギリギリのところで生きている人って・・・

特にファンではないけれど、最近の、音楽からかけ離れた話題の中心
にいる彼がちょっと気になっていました。
でも、人々を突き動かせる力が、まだ彼の音楽にあったのですね。 ヨカッタ

コンサートは歌い手にとって、正に「ギリギリのところで生きている瞬間」だと思うの。
CDを聴いて感動しても、行ったコンサートで「変に余裕のある舞台(またの名を手抜き)」
を見せられるとがっかりしてしまいます。

去年の春に行ったコンサートがそうでした。
8年も待ち焦がれていたのに、ちょっと醒めてしまった・・・

それとは逆に、秋に行ったコンサートでは、
そんなに期待していなかったのに、今でも感動しています。

私も9月にコンサートへ行ってきました。
「○○の風になって」の人です。

次はどのコンサート?

>?さん
コンサートもミュージカルもお芝居も
当たり外れがありますね・・・
こればっかりは、行って自分で見てみなければわからない。
「ツアー」と同じかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギリギリ:

« 秋色(3) モントリオール | トップページ | 重い! »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ