« 準備完了 | トップページ | トスカーナの記憶 (7) ある日の出来事 »

2012年3月29日 (木)

トスカーナの記憶 (6) モンテプルチャーノ

Pa170842                                                               プルチネッラ                                                






彼は ここから町を見下ろしている
Pa170839




坂道だらけのこの町も
このあたりのほかの町同様 エトルリア人が造った町だそうな・・・

歴史的には

シエナとフィレンツェの覇権争いの舞台となった町の一つでもあるけれど

農業手工業(←どんな手工業なんだろうワイン樽とか)と
それに伴う商業も盛んになり

13世紀のころ町は大いに栄え

その頃の 中世の教会 貴族の館 などの建築物が
いまも 堂々と残っている。

Pa201275
                                  ドゥオモ

Pa201313_2                                         グランデ広場

Pa201283 

                              









Pa170859

メインストリートには ワインがらみのお土産屋が ズラッと並んでいるし

思ったより大きい街だったけれど



大きいわりには 落ち着きがあって

Pa170750

中世の雰囲気の町歩き  や

Pa191204





Pa201272





周囲の風景を楽しむ には ピッタリ の町だった
Pa201267_2

Pa201260


















                         




 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…


そして、モンテプルチャーノといえば これ

Pa160725                            ヴィーノ・ノーヴィレ・ディ・モンテプルチャーノ


Pa170755

町のバールでは お茶代わり
グラスでヴィーノ・ノーヴィレを気軽く 飲めてしまう

あまりに気軽く 飲んでいたので

初めのころは「Oh~!」と思った香りと味が
知らないうちに
当たり前 になっていたらしい・・・


                   

                   
                  

                  



帰国後 買ってきたヴィーノ・ノーヴィレを飲んだら

そのフクザツ な、はなやか な、余韻 のある香りと味に 「Oh~~! 

これ、これ これだった

あ~~ もっと いっぱい買い込んでくればよかった

« 準備完了 | トップページ | トスカーナの記憶 (7) ある日の出来事 »

イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トスカーナの記憶 (6) モンテプルチャーノ:

« 準備完了 | トップページ | トスカーナの記憶 (7) ある日の出来事 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ