« ご紹介します、又兵衛です! | トップページ | さくら さくら »

2012年4月21日 (土)

町屋歩き (大宇陀・松山地区)

P4160092








又兵衛 から・・・・・・

P4160083                                         こんな景色の道を・・・・

P4160017
あっちにフラフラ・・・・・・こっちにテクテク・・・・・・ 30分くらい歩くと・・・

P4160086_4                                          大宇陀・松山地区の入り口「黒門」に至る 。                               




ここ大宇陀は、飛鳥時代は 宮廷の“お狩場”で

戦国時代には某戦国武将の城下町→織田家の支配下→天領 と変遷を重ね
交通の要所でもあった松山町は江戸時代、大いに栄えたそうだ


飛鳥~昭和までの各時代の歴史が重なり合い
松山地区のいまの町並みを創りあげている。

P4160090                                          この家の戸袋には・・・
P4160091              薬の看板が全面に張り付けられていて「薬や」だったと想像できる。








P4160097_4                     僧侶の支度控えにも 利用されたという 由緒正しき旧家






P4160100_7                                                            あかがね色の暖簾が印象的な「葛や」


昔からの建物が「そのまま在る」 という価値・・・

・・・ヨーロッパでは珍しくもない「価値」が ここにはある

 

« ご紹介します、又兵衛です! | トップページ | さくら さくら »

日本」カテゴリの記事

コメント

おお~っ、江戸時代にタイムスリップしたみたい~
Traさん、タイムマシンの旅だったんですね

>たけぽんさん

は 時空を超えて走り なァんてね

タイムスリップしたようなこの町で Traねこは
東京では買えない「陀羅尼助丸」 と
東京で品薄な「麹」 を買ってきました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町屋歩き (大宇陀・松山地区):

« ご紹介します、又兵衛です! | トップページ | さくら さくら »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ