« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の記事

2012年9月29日 (土)

ストックホルム日記 (3) 市内見物ー2

シティホールツアーを終えたTraねこたちは
こんどは、町の外観を海から眺めよう
船乗り場に向かった





ボートツアー

ストックホルムの ツアー は いろいろあるけれど

Traねこは
「Under the Bridges of Stockholm」という
ボート会社オススメの
1時間50分のクルーズを選んだ



このクルーズも

で調べると・・・



今日まで
は夏スケジュールなので
足の便がいいこの乗り場から出港するけれど

明日から は秋冬スケジュールとなり
歩いていくにはちょっとだけ時間がかかる乗り場からの出港になってしまう・・・

だから 今日中に乗りたかった





市庁舎から船乗り場までの道々
あっちをキョロキョロ こっちにフラフラ していたので

12:10 船乗り場でチケット購入

P9160093

このとき

まだ出港まで 50分もあるのに
乗船口には人が並び始めていた

けれど

ランチ優先で

12:50 船乗り場に戻ってみたら
      長~い行列ができていた

        そりゃそうだね、あと10分で出港だ ,  




列の後ろにまわったTraねこたちは
最後から5人目くらいに乗船したので
もう室内は満席で

寒いかな、とは思ったけれど外に出て
ありったけの衣服を身に着けた

でも ケッシテ 強がりではなく
この 寒さ に耐えたクルーズが ヨカッタ





さっき行った市庁舎も湖側から眺めると

P9160060_2                                                              いちだんと美しく





水位調節のため しばし留まった水門では

P9160076                             下がった水位を 身を乗り出して確認したり








古い家並みや

P9160062


新しい建物を
P9160078


間近に見比べたり・・・・

日本語ガイド もあって
ストックホルムの歴史や現状を語ってくれて
なかなかオモシロイ1時間50分だった





いま ストックホルムの水辺の風景が
あの寒さとともに 記憶の中によみがえる。







★ストックホルムで
 外せないもう一つの観光ポイントは・・・ 王宮

 でも

 Traねこ達は今日は 王宮パス

 

で調べると

ここも
日によって見られるところがいろいろ変わり(←あ~~メンドウ

今日よりは
たくさんの部分が見られそうな
後日に賭けることにして・・・・






市庁舎
ボートツアー
ストックホルムの雰囲気とスケールをつかんだつもりのTraねこたちは

食材の買い込みを済ませてから
夕方のちょっと混み合う地下鉄に乗って
“apartments” へと向かった

ストックホルム日記 (2) 市内見物ー1

<9月某日>

“暮らすように旅する” とは言っても

正真正銘 “旅人” なので
観光だって手を抜かない

ストックホルムはこの時期
夏から秋への切り替え時で
いろんな変更が多く
ネットやインフォーメーションで確かめないと
その場に行ってみて 「あ~~/// 」 と なる・・・ことは容易に想像できる



★ ストックホルム市庁舎

P9160011

ストックホルム市庁舎
年間を通して ガイドツアーに参加しないと中に入れない


つまり


ノーベル賞晩餐会の会場となるブルーホールも
P9160028

ノーベル賞受賞パーティー舞踏会の会場となる黄金の間も
P9160022


シティホールツアーに 参加しないと見られないのだ

おまけに

そのツアーは当日でないと申し込みができない
ネット予約 に慣れてしまった身には チトつらい



朝一(10時)のガイドツアーに参加したかったので
昨夜は市庁舎近くのホテル泊り だったTraねこたちは

早めに起きて 朝食後

勤勉な勤め人のごとく
市庁舎に向かう・・・・・・

9:35 シティホールツアー受付窓口

     ムム・・・?
      9:30スタートのツアーがあった・・・
      早速始まったね、「行ってみなければワカラナイ」

         

10:00 シティホールツアー スタート

P9160021                                         窓の外には・・・・・・・

P9160019
                                                     メーラレン湖が広がる





45分間のシティホール ツアー 終了後

こんな道を歩いて

P9160039


前方にガムラスタン、
すぐ近くに釣り人 を眺めながら 船乗り場へ向かった

P9160037                                     町のど真ん中の釣り人たち

 

 

2012年9月25日 (火)

ストックホルム日記 (1) ストックホルム到着まで

800pxfinnair_airbus_a300_haafke1

行ってみたいところは
まだまだ他にもたくさんあるけれど

物価高にもめげず 避暑には最適な北欧へ

今年の夏は 北欧づいてるな


このところ
自然 系 の旅が続いたので

今回は趣向を変えて 一都市滞在






たった一週間だったけれど

ワンルームマンションに滞在して
秋のストックホルムを


暮らすように旅してきた

・・・   ・・・エトセトラ・・・

     ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

<9月某日>


フィンエアで
一番近いヨーロッパの玄関口・ヘルシンキへ飛ぶ。

9月半ばというのに東京はまだ暑い

      

 

   

 

   

10時間15分のフライトで一気に秋 のヘルシンキ

この町は帰りに立ち寄るので
1時間半で通り過ぎ
再び機上の となる





はずであった・・・・が、


乗り継ぎが ヘルシンキを飛び立つころ

Traは まだ ヘルシンキへ向かって飛ぶの中にいた

つまり

予定したヘルシンキからのに乗り継げなかった ということ

成田→ヘルシンキの の出発が 2時間半遅れたので
乗り継ぎ便が待っていてくれないことは
成田を飛び立った時に確信していた

  まだ 後発便があるから次の便に乗ればいいけれど
  それが満席だったらイヤだなぁ~~~



幸い

次の ヘルシンキ→ストックホルム のに乗れることになったけれど

当然 出るはずのミールクーポンが手に入らない

ヴァンター空港/ヘルシンキ はフィンエアのお膝元だろうに
夕方の空港内にはSafety check以外のスタッフの姿はなく
尋ねようにも尋ねられない

しっかりしてよ! フィンエア



搭乗直前、
Duty freeでも使えるというミールクーポンを手に入れたTraねこたちは
あわただしくDuty freeに走り
大急ぎでチョコレートなどを暗算しながら買い込んでから
機上の となった

20:05 ヘルシンキ発

   

     

20:05 ストックホルム着

20:05 ⇒ 20:05  
間違えではアリマセン
ヘルシンキ⇔ストックホルム間には 1時間の時差があるのだ。

やっと着いた空港からは 黄色いアーランダ・エクスプレス・トレイン

P9180230_2

ちょうど土曜だったので
通常片道一人260クローネの料金が
二人で280クローネ
物価高の北欧なのに 一人当たり約¥1,650

この切符は「2 for SEK280」といって

(土)(日)およびサマーシーズンに 売り出されるもので
ひとり旅でもその場で 相手が見つかれば

にやさしい とてもいいシステムね
日暮里⇔成田空港 の
京成スカイライナー(片道¥2,400)がとても高く思えてきた

乗車時間は たった20分間

エクスプレス・トレインは
あっという間にストックホルム中央駅に滑り込んだ



成田から一番近いヨーロッパの空港経由だったのに
は 20:55 を指していた

 

2012年9月11日 (火)

スキポール空港

P7110001                                                                          うつくしい~






前回の旅で

行きと帰り 合計で 9時間半 もスキポール/オランダ に滞在した


だから

もう スキポールは制覇した気分

  



ヌードルズで スキポール風ラーメンを食し

うつくしいワインバーに目と心を奪われ

サロン風に置かれた座りやすい椅子で ひと休み

ピアノの生演奏に耳を傾け

小さい美術館を一巡し

わざとらしい小鳥の鳴き声が響き渡るカーペットエリアで 靴を脱いでくつろぎ

アジサイの咲く屋上に出てアムステルダムの空気を吸い込み
P7110008





さすがに 時間滞在はタイクツ   だったけれど・・・・・・

P7110014
                                       リラックスシートをGETできれば こんな時間も悪くない







タイミングよく到着すれば
おもしろそうな空港発着の市内ツアーにも参加できるし・・・

この空港は
分かりやすいうえに 一人でもタイクツしない いい空港だ

P7210931                                                                                               球根はモチロン

P7210932                                          これも お持ち帰りOKなんだとか・・・・ホントかな?

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ