« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の記事

2012年10月31日 (水)

ヘルシンキ(2) フィンランドといえば・・・

Pa310485_2_2


メリークリスマス
まだちょっと早いけれど



フィンランドいちばんの有名人(= 人気者) といえば

Image1_2                                          この人だと思っていた


でも


大人気はこっちだった

Pa310486


ムーミンワールドに行かなくても

存在感 バツグン
                    

2012年10月29日 (月)

ヘルシンキ(1)ヘルシンキといえば・・・

ウスペンスキー寺院

P9200408


この 超有名なロシア正教の寺院が
こんな高いところに建っているとは
思ってもみなかった



に面したマーケット広場を抜けた先にある
ウスペンスキー寺院は小高いの上に建っていた

P9200398








ヘルシンキ大聖堂

P9200421                                  ヘルシンキ大聖堂 と 元老院広場





大聖堂横の大階段の傾斜が
スゴク急なことが どうしたら伝わるだろう・・・・伝えたい

P9200427


急な階段に腰をおろし
行き交うトラム や人の動き を ボーっと眺める

のんびりとした秋の昼下がり






トラム

町のおもな足は トラム
P9210455

路線図 も 乗り場 も 分かりにくくて
疲れた頭 では理解しにくい ところもあったけれど

これを使えばたいていの観光ポイントにアクセスできる






地元の人は “超”親切 

なにか尋ねれば

英会話のテープのようなキレイな発音で

でも

情け容赦ない 速度で 答えてくれる し

なんでも教えてくれる  (._.)アリガト

人々の風情に余裕があって

だから

安心していられる

P9200437_2




一国の首都ではあるけれど
なんとも ノンビリ とした町だなぁ

2012年10月26日 (金)

ストックホルム日記 (12) ヘルシンキ へ

P9200407


<9月某日>

帰途

行くときに無駄な数時間を過ごしたヘルシンキに寄り道した。



オスロ とも ストックホルム とも違うイメージがあって
ちょっと見てみたかった   のと

フィンランド料理 を食べてみたかった



ただ それだけで寄り道したんだけれど
この町 なかなか良かった

 

      ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ストックホルムから
ヘルシンキ市内に着いたのは正午すぎ

その日の午後~ と
帰国日のランチまでの午前中 を合わせて

持ち時間は ちょうど24時間 くらい




ホテル
到着・出発に便利なヘルシンキ中央駅 というか・・・
P9210450








ここでは“暮らすように旅する”要素はゼロ
ひたすら効率性 を目指して行動する

おまけに

この町はショッピング天国なので
今回の連れのキラリと輝き・・・・あ~~忙しくなりそうだ

 

まずは・・・

ホテル目の前の トラム乗り場に行き
P9210448



乗車券 を買おうとしたけれど

券売機の表示は
フィンランド語とスウェーデン語のみ

どうやら

古いタイプの券売機と巡り合ってしまったらしい


「え~~ ゼ~ンゼン わからない





これから

新型の券売機を探すのもメンドウなので
近場観光に切り替えるとしよう・・・・

 

思わぬ時間を費やしてしまったTraねこたちは

ストックホルムとは雰囲気の違う町並みを眺めながら
歩き始めた ・・・・・・
P9200438

2012年10月24日 (水)

ストックホルム日記 (11) 市内見物ー仕上げ

市内見物ー2 の続き。

<9月某日>

コンサートハウス

最近 やたら話題に上る
ストックホルムと 切っても切れないノーベル賞

受賞祝賀晩餐会会場 や

祝賀舞踏会の会場 や

受賞者ズラリのノーベル博物館 は見たけれど

肝心の授賞式はどこで行われるんだっけ・・・



あっ そうだった

ヒョートリエット市場の
風景の一部みたいに建っている 水色のコンサートハウス だった
P9170125


中に入れなかったので 印象が薄かった



市庁舎の塔

仕上げは 何日か過ごしたストックホルムの町を
上から眺めよう というわけで・・・市庁舎タワーへ

P9190302

塔 とか 展望台 とか

高いところから見下ろす 風景は
下界の様子が分かってからのほうがオモシロイ  と
Traねこは思っている

だから

市庁舎の塔に登るのは 最後までとっておいた
が心配だったんだけれどネ )

P9190295




「あそこが○○だ」

「あの道はあんなふうに続いているんだ!」

「あの橋、何回も渡ったね」

「××の後ろはすぐ海だったんだ!」

「△△はあんなに近かったんだ」  エトセトラ エトセトラ・・・

そんなことを思いながら

何日間かの行動を思い浮かべるのが
けっこう好きだ

2012年10月20日 (土)

ストックホルム日記 (10) イケメン

“ストックホルムねた” も そろそろ飽きてきた   と

思うし////


Traねこ自身も

たった 一週間だったのに
こんなにいろんなことがあったんだぁ  と

感心しているけれど・・・・



まだまだ書きたいことがあるので続けます  m(_ _)m


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

スウェーデンには 美男・美女があふれている
ホントに 男 も 女 も 美しい人が多い


たとえば・・・・




どちらがお好みですか?

P9190318

                                                        VS

P9190344


まぁ、これは ホンノ 一例で


日本に行けば 翌日からモデルデビューできそうな人が
ウジャウジャしている


金髪碧眼 だけでなく

ぬけるような白い肌に
犬の毛みたいな色の髪をなびかせ

長い脚で さっそうと歩く姿は じつに美しい



よき目の保養じゃった

2012年10月17日 (水)

ストックホルム日記 (9) 様式美

P9190333                                             衛兵交替 / 王宮

 

<9月某日>

初日に パスした王宮に行く。



なんたって“旅人”なんだから
 ロイヤルガードのパレード & 衛兵交替 を見物したい



この時期

パレードは (水)(土)()に行われ
この日のパレードは 11:45に軍事博物館を出発するそうな・・・

12:15からの衛兵交替に間に合う というわけだ ←ナットク

P9190325                                                       大聖堂の時計が12:10 を指すころ・・・







遠くから 心弾む音楽が聞こえてきた~

P9190326

( ^ω^)おっおっおっ ・・ 2~3日前に街中で見かけたときより カッコイイ


王宮前の広場は思っていたより 狭く

衛兵交替の儀式 パレード は思っていたより 楽しめた








[そのとき  目の前にあったオマケの光景]
P9190329_2                                     huhuhu・・・










制服姿で一糸乱れぬ交替儀式を見せてくれた衛兵たちも
勤務が終われば ただの若者
P9190355                                                バスを連ねて帰って行った







王宮の中は ガイドツアーで回ることもできる

王宮は市庁舎とはちがって
自由に中を見られるけれど
無料のガイドツアーは時間さえあれば お得感イッパイ



ただし・・・王宮内には 禁止の看板があり

       ガイドと一緒に歩くので
        は一枚もトレマセン

2012年10月15日 (月)

ストックホルム日記 (8) ガムラスタン

<9月某日>

今日の天気予報
北欧らしく(?) あり、あり、あり・・・・


現地の人に聞いても

「今はだけど・・・分からないわ、
ストックホルムの天気って分からないのよね ┐(´-`)┌

ハイハイ、そんなとこでしょう・・・では、今日は 町歩きとしよう

というわけで、

旧市街 ・ ガムラスタン




観光客でにぎわう ヴェステルロングガータン通りは
P9180242                                                     スルーして

大聖堂や
P9190315

リッダーホルム教会や

P9190312

ドイツ教会の尖塔を目印に

P9180234

石畳の道を

適当に 歩き回る  ・・・・・・・・・

P9190308



P9190314                                huhuhu  ここは釣り具屋さんね






裏道には 強行突破の残骸
P9190310






メインストリートから 一本ずれれば観光客はグッと減り
P9190381                                                                                 子供の声が辺りに響く・・・・



















大広場に面して建つ ノーベル博物館
P9180237


ここでは

歴代のノーベル賞受賞者の紹介を見てから

カフェの椅子をひっくり返して
受賞者や要人たちのサインがあるのを確認して

授賞式晩餐会で出されるのと同じアイスクリームとご対面

P9180255







大広場のカフェに人影は少なく
P9180259










工事中のフィンランド教会の裏庭では

雨に濡れたアイアン・ボーイが
静かに膝を抱えていた
P9180264

この子 とっても小さいんです

         ・

    ・

    ・

    ・

    ・

どれくらい小さいかっていうと・・・

P9180265

                                                            比較対象物 : 長さ  165センチメートル
                                                                                               幅     平均的日本女性


2012年10月13日 (土)

話題休閑ー怖い映画

最近 生活がちょっと変わってしまい

気ままに外出 しにくくなって
家で をつけている時間が増えている





先日、内容 じつに怖く 

そして

音楽 が 映像に じつに心地よくマッチした映画に遭遇した

始まりは至極お気楽

アメリカの国立公園の風景と
そこを駆け回る 主人公らしき男の動きに
目が留まった


勝手に始まった番組だったので
題名も知らずに見始めたのだが・・・

ストーリーが展開していくうちに

「なんか すごく怖い映画が始まったな」

と思って 題名を調べると・・・

「127時間」



この映画で Traねこが感じた “怖さ” は

大地の割れ目に落ちて
手を挟まれて動けなくなった主人公を見て

「いつもやっている慣れた行動でも
 こんなことが起きるのよねぇ・・・ 怖いなぁ
 
 

“危険 ” は思わぬところに潜んでいる   心して生きていこう!

それに尽きる

彼の場合は

大丈夫と思った石が落ちてきて
想定外の状況に陥ってしまったんだけれど

Traねこの場合だったら

飛び越えられる  と思ったところが飛び越えられなかったり・・・

登れる  と思っていたところに登れなかったり・・・

踏ん張れる  と思ったところでヘナヘナとなったり・・・

耐えられる と思っていたストレスに耐えられなかったり・・・

おーー 怖い






キャニオンランズには行ったことはないけれど

あの辺りの

空や岩の色や
広大なスケール感や
太陽の照りつけ感や
キャニオンの細い隙間に差し込む光線の感じが

実感とともに 浮かんでくるので

そんなところで
誰にも気づかれず
何日も苦痛にあえぐなんて・・・・

あ~~ イヤだ




この映画の主人公が
崖の隙間で動けなくなってから取った行動は

それはスバラシイもので

山をやる人なら 惚れ惚れしてしまうだろう



でも

 

遭難して助けが来ない場合の選択肢は
いくつか決まっていて

あとは本人がどれを選択するか、にかかっている



どんなにスバラシイ行動をする主人公でも

呼べど叫べど救助は来ないし
飲み水はなくなるし
体力・気力も尽きてきたら・・・

決断をしなければならない

そこで問われるのが

「生き抜こうとする意志」

彼にはそれがあった



Traねこは

始めは “怖い” と思いながら見始めたけれど
途中からは “アッパレ! ” と思いながら見ていた

 (そりゃ、怖いシーンもあったけれどね

この映画のもとになった実話について
「奇跡の生還」とも言われているそうだが

それはゼッタイ 違う




あの壮絶な状況を本人が

「毎日の行動はここにつながっていた」
「成るべくして成った状況」

と言っていたそうだが

それならば

彼の生還もまた

「奇跡」ではなく
彼が「意志」と「経験」を総動員して成し遂げたものだ








いまでも彼は

(改めるべきことは改めたようだが)

自分の生き方は変えていないようだ   ←イイネ

 

2012年10月 9日 (火)

ストックホルム日記 (7) ローゼンダールガーデン

P9170169

<9月某日>

今日は

ピクニック気分  で出かけよう  と思っていた けれど




の天気予報は 一日中 だし
朝 窓から見上げた空も一面の なので

予定変更で ショッピングデイだな・・・ ・・・連れ、ワクワク・・・



朝のラッシュが終わったガラガラの で中心部へ出て
P9170122



まずは市場をぐるっとまわり 終えたころ・・・




が出てきた


迷うことなく 再び予定変更

セルゲル広場から トラム7番 に乗って・・・

P9170221

大きな木々の間の道を歩いて・・・・・・
P9170141


とても気になる ローゼンダールガーデンGO






ローゼンダールガーデン

ここは 王家の別荘だったローゼンダール城の庭園で
P9170198


果樹園・野菜畑・花畑・ハーブ畑 が広がっている広大な庭園。

野菜や果物の畑があるけれど
「ファーム」ではなく「ガーデン」なのだ

ここのロゴにもなっているリンゴ園のは まさに今 真っ盛り

P9170174_3









庭園内には温室を改造したカフェがあり
P9170160
  や 自家製パン や オーガニック野菜を使った が用意され




カフェの中はモチロン、庭園内のベンチで頂くこともOK
P9170173

今日のランチはここ」 と決めていたTraねこたちは
カフェめざしてまっしぐら

朝の曇り空 がウソのように晴れてきた けれど
風の寒さを感じたので

ユックリ食べるため 温室内に陣取った







さぁ! 豪華なランチだ

ランチメニューは

P9170149                                          チキン と・・・

P9170147                                               サカナ と・・・

P9170148                                        ポテトスープ

・・・の 3種類のみ



パンやケーキはいつでも食べられるけれど
ランチメニューは 開園からPM 2時までの時間限定



ええ・・・ モチロン迷うことなく 3 種類とも頂きましたとも ・・・・


カフェの奥のキッチンで作られる
ここのオーガニック野菜をふんだんに使った本格的料理は
ボリュームたっぷりで 街中のレストランみたい・・・

・・・というより

レストランより美味しいかも

食べ終えた食器は 各自ここに戻すシステム

P9170162_2






もともとの今日の予定は ここ ローゼンダールガーデン だけだったので

食後は庭園内をブラつき・・・P9170182

晴れ渡った空を見上げながら・・・
P9170184_2



タワワに実ったリンゴの木の下で昼寝をし・・・
P9170187



スタッフの ナシもぎ を見物し・・・

P9170194

P9170195




ウワサの名物・シナモンロールをおやつに頂き・・・
P9170208




秋真っ盛りの庭園を
P9170209




傾き始めた太陽に 背中を押されるように後にした
P9170216







ストックホルムに住んでいる 気分になった

なんともユッタリ した半日

2012年10月 5日 (金)

ストックホルム日記 (6) ウワサの・・・・

P9190357                                                                                     にしんバーガー





P9190356_2                                         にしんのオープンサンド






<9月某日>

ウワサのB級グルメは
ガムラスタンの隣駅スルッセン駅前にある
P9190358





どうしても
これが食べたい Traねこは
わざわざ に乗って 食べに行った



美味い



どっちが気に入ったかひとつ選べ と言われたら・・・・オープンサンド




駅前の ゴチャゴチャ っとした広場だし・・・

テーブルはざらざらした木製で 手にトゲがささりそうだし・・・

海風が強く   テーブルの上の紙コップが吹き飛んだし・・・

コインをせびる輩が近づいてくるし・・・




ここの雰囲気はスキズキだろうけれど

Traねこは ゼンゼンOKよ

2012年10月 3日 (水)

ストックホルム日記 (5) 名物に美味いものあり!

Pa020483


何度も通ったスーパーで

必ず手がのびた Yoggi

サッパリしていて コクがあり
味のブレンドがなんとも絶妙な飲むヨーグルト

どれも遜色ない美味しさで
毎日どれを飲もうか 迷う迷う~~



お値段は 350ml で 約150円   ← 気に入った

2012年10月 1日 (月)

ストックホルム日記 (4) Apartments

P9160103

今回のストックホルムの宿は
日本流に言うと

“広いワンルームマンション” という感じ




これが

ストックホルムの 普通の1Rマンションなのかは
ワカラナイ けれど

Traねこが予約を入れたときには
もう ここしか空いていなかった





モンテプルチャーノ/トスカーナ のアパートとは違って
ここに住んでいる地元民はいなさそう・・・

でも

裏には大きな住宅用マンションがデ~~ンと立ち並び

P9190278
ベビーカーを押す人や
リュックにネギを差し込んで帰ってくる人や
朝 自転車で出かけていくビジネスマンなど

地元住民の生活が垣間見られる




両隣は金融関係の会社が入ったオフィスビルなので
朝は 人波がオフィスに向かい
夕方は 地下鉄の駅に向かって人波が動く・・・・

・・・そんな 中心街からちょっと離れた地域にある
1Rマンションにショートステイした






秋真っ盛りの市場で
P9170128

P9170127                                       ポルチーニ茸  と 名も知らぬキノコ を買って



例のごとくキノコパスタを作ったり・・・

P9170224






お米が恋しくなったら・・・・
P9160104                                   お気に入りの あのご飯の出番です










中央駅から地下鉄 で7~8分の最寄駅の

P9170121

駅名は 最後までとうとう覚えられなかったけれど

毎日乗り降りしているうちに
付いた名前は 「うちの駅」





でも、でも・・・・




もし この1Rマンションに ずーっと 住むとしたら

ベッドの横にキッチンがあるって

ちょっと 暮らしにくそうね

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ