« ヨルダン (9) エド・ディルにはよじ登れ | トップページ | ヨルダン (11) 砂漠のイメージ »

2013年4月21日 (日)

ヨルダン (10) ペトラ バイ ナイト

P3270323


ペトラに行くと決めたときから ぜひ行ってみたかった

ペトラ・バイ・ナイト



百聞は一見に如かず     

オモシロイ か オモシロクない かは
行ってみて初めてわかるのだから   \(^o^)/ソーダ、ソーダ


幸い 同志が5人集まり
ワイワイと楽しく行ってきた

 

        *****************************************************




満月の月を見上げながら 遺跡ゲートへと向かう

明るく電気がついているゲートを抜け
夜の遺跡へと歩き出す

    

    

    


真っ暗闇だと聞いていたけれど
しばし不自由さを感じないで歩いて

「いつまでも明るいなぁ、ゲートの照明がここまで届くものなのか?」

と思ったら・・・それは  の明かりだった


しかし


シークの中に の明かりは届かない

P1040194_2                                                                                  (Photo by S・K)

 

昼間45分間かけて歩いた道を
こんどは真っ暗闇の中

キャンドルの明かりに導かれ

P3270331







たくさんの人に追い抜かれながら・・・なんでみんなそんなに速いの?

・・・・・・・・・・・・ 25分間歩いて

P3270326                          エル・ハズネ前の広場に着いた キレイ




大きな黒い岩のシルエットが
覆いかぶさるように広場を取り囲み

エル・ハズネは闇の中に隠れている


やがて




闇の中にベドウィンの声が響きわたり・・・ 辺りを 静寂が支配する

 

 しーーーーん・・・・・           



歌 → 語り → 笛・・・と そこに流れる音は変わるけれど

広場の空気は変わらない

   

   ・

   ・

   ・

   ・

30分は アッという間に流れ去り・・・・

ベドウィンの「3・2・1」のコールで みんなが一斉にフラッシュを使うと





P3270344




エル・ハズネが姿を現した







  ペトラの闇

 煌々と輝いていた満月

 キャンドルのゆれる明かり

 満天の星

 闇に浮かぶ黒い大きな岩影

 少し寒さを運んできた夜風

 大きなお盆で運ばれてきたアッマ~イお茶

 後ろに傾斜気味だったので 座りにくくてイロイロ工夫した座席

 漂っていた匂い

 ライトの中に浮かび上がった舞い散る砂塵


そしてモチロン

 


広場に流れていたあの声と音色




ぜ~んぶ合わせて The Petra By Night

« ヨルダン (9) エド・ディルにはよじ登れ | トップページ | ヨルダン (11) 砂漠のイメージ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

最後のシーン、皆の息がぴったり合って写ったんだよね!
あの感動!戻ってきたよ~ 

待ってました!!  ペトラ・byナイト。
「夜のペトラを知らずして、ペトラを語るなかれ」 ペトラ・byナイトを体験した者は、誰もがそう言う・・・
と何処かに書いてあった!!   ・・・誰もが言ったかどうかは知らないが・・・
Traねこさん 存分にペトラを語れますよ!!
語りましょう!!  語りましょう!!

>ワディラムさん

出ばなをくじかれずに行ってよかったねぇ~~

>超元気山婆さん

行き残したところはあるけれど

語ります!語ります! ご一緒に

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨルダン (10) ペトラ バイ ナイト:

« ヨルダン (9) エド・ディルにはよじ登れ | トップページ | ヨルダン (11) 砂漠のイメージ »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ