« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の記事

2013年5月30日 (木)

ローマの休日 (8) アーティチョーク

P5160376


アーティチョーク って好きですか?
おいしい調理法をご存知ですか?

Traねこは あまり馴染みがない



5月はどうやら 〝旬〟 らしい

P5130106








レストランでは たとえば・・・
P5120054_2                                   こんな風に出てくる





まずレストランで頂いて ・・・自分でも調理してみよう  と考えた ・・・ デキルカナ?





〝旬〟なら どこででも売っているんだろう、と思ったら
小さめの市場やスーパーでは売っていない・・・・・・・・・住民はあまり食べないのかなぁ






さて、アーティチョークは手に入れたけれど

Traねこは
アーティチョークに ツヨイ 思い入れはないし
ちゃんとした調理法なんか シラナイよ/////

レストランで おいしく頂ければそれでいい  って思っていたし・・・


ところが


連れがやけにアーティチョークに固執 し・・・
キッチンでの試行錯誤が始まった       ガンバレー




外見同様アーティチョークは思いのほか手強く //////

ちょっと苦労したけれど
なかなか味わいがあるもので・・・筍 のようでもあり・・・



食べ終わったお皿に山と積まれた残骸に感無量の デシタ!




日本でアーティチョークを極めよう としても
見かけず・・・腕を上げるチャンスには恵まれていない   へっへっへ・・・

2013年5月29日 (水)

ローマの休日 (7) 市場の風景

P5130111                                                              トマト・トマト・トマト     The イ・タ・リ・ア

                          




トマトだけれど CILIEGINO PACHINO?・・・・POMODORO じゃないんだ ????

と思ったら

PACHINO とは Pachino種のことで よくドライトマトにするトマトらしい ・・・へぇ~~
そういえば ドライトマトでよく見かける形だ

 






★ カンポ・デ・フィオーリ

P5130107




「花の野」という名前が示すように
昔は花が一面に咲く野原だったという広場
P5130114                                                                              モチロン花屋も




このマーケットは品揃えが豊富
P5130110                              アーティチョーク もある

このトマトは CUORE DI  BUE ・・・牛の心臓




広場の周囲を
リストランテやバールやピッツェリアが取り囲む
規模の大きなマーケット

P5130117










★ ミラッツォ通り(Via Milazzo) 奥のマーケット

P5140159





アパート斜め前の普段使いのマーケット

小さいマーケットだけれど
買ってすぐに冷蔵庫に入れられるから 便利 便利
P5140162


ここで買ったイカを使った作品 がこれ
P5140310


トマトもここで買ったCILIEGINO PACHINOが イチバン おいしかった






ごちそうさまでした

2013年5月27日 (月)

ローマの休日 (6) ローマの我が家

P5140165



今回のローマの は テルミニ近くのアパート
立地にこだわった選択デス





このアパートとは別の場所で
チェックイン手続きをして を受け取り・・・

住人のように 通りに面した重たいドアを開け・・・



次に

この鉄の扉を開けて

P5170423

リフトに行き着く





5階の自室のドアの写真は・・・撮り忘れた    ┐(´-`)┌ ウッカリ

中は

<2LDK + 2洗面所・トイレ + お風呂> で ひろび~ろ

P5130152_2

P5130142_3

P5130144_2

P5130147_4

ここで生活している間に出会ったのは・・・・


ヘルメットを小脇に抱えた若者

仕事帰りの

大きなクロを従えたおじさん

買い物(?)に出かける

夜遊び(?)に出ていく   ・・・・エトセトラ・・・・





アパート前の通りには

毎日 午前中 市がたち

P5140157                                             生鮮食品はここでGet

これは想定外だったけれど便利便利






通りと反対側の 中庭(?)に面しているのは
4辺を囲むアパートの窓・窓・窓・窓・・・・・・

P5130150




窓の外のロープに洗濯物が干され
夜になると夕食のいい匂いがどこからともなく漂ってくる




ケッシテ 覗いたわけではないけれど

開け放された窓のなかでは
タンクトップの若者がキッチンで食事の支度をして

ある日は一人で
ある日は友達が集まって

食事をしていた



どこかの部屋から
楽しげな大声が 聞こえることもあったけれど
夜11時過ぎには チャント静かになった



そんな あれやこれやは
ホテルに居たら決して感じることができない生活感。







近くの散歩道は
P5120017                                     新緑が に染みる

2013年5月25日 (土)

ローマの休日 (5) トレヴィの泉

P5160405                                   この日も トレヴィの泉は満員御礼                                 






評判のジェラテリアに
P5160392                                                      オジイサン二人連れ・・・ほほ笑ましいネ


行ったついでに

チョット回り道をして トレヴィの泉 に行ってみた





トレヴィの泉 と言えば

P5160397                                      お約束 はこのショット





Traねこは

かねてから

トレヴィの泉のバックになっている〝だまし窓〟のある
ポーリ宮(Palazzo Poli)  が気になっていた
P5160404

ある冊子で 研究者だったか学者だったか・・が

紹介状持参でポーリ宮を訪ねて
窓からトレヴィの泉を見下ろした、という記事を読み

ノコノコ行っても入れないとは思ったけれど
どんなPalazzoなのか見たくて

トレヴィの泉正面は早々に撤退して

行ってみた




玄関には 「入場フリー」 と書いてある

  「え~~?話がウマすぎる・・・」 とは思ったけれど

オズオズ入ってみると・・・・

受付のオネエサンはニコニコと
「Prego  」と言っている・・・・

では 遠慮なく


玄関正面の部屋には印刷機が展示してあった

   それは まぁ どうでもよくて・・・

周りを見回すと・・・・
二階へ上がる階段発見

   ん? やはりロープで行けないようになっている・・・でも 行きたい・・・・

行こうとしたら・・・

ソフトに「上はダメよ」 とストップがかかった

   まぁ そうだよね



戻ろうとして・・・

  この印刷機を見せるためだけに入場フリーにしているのかなぁ? と疑問に思い

玄関わきの部屋を見たら・・・

なにかの展示をしている

  せっかく来たんだから・・・ と思い 入ってみると

P5160403                                
                                こういう作品の展覧会場だった




さらに進むと
P5160399






P5160402


その製作工程を説明するビデオが上映されていて・・・

見てしまった



思わぬところで エッチングの知識をもらい
表の喧騒がウソのような静寂なひと時を過ごした

ポーリ宮は 文化関係の役所(事務所?)が入っているPalazzoのようで
他にも展示会をやっていた ←趣味と興味があればけっこうオモシロイ



外に出ると・・・相変わらずの喧騒の世界    ・・・・




足早に通り過ぎ・・・・またまた 発見

トレヴィの泉の横に
こんな華麗な天井の 静かな教会があることを知っていますか?

P5160407



Traねこだけが知らなかったのかなぁ・・・

教会の名は
P5160410




人混みに疲れたら・・・・ オススメです

2013年5月24日 (金)

ローマの休日 (4) ローマ裏道表道

P5130056                                      落書きとバイク  いかにもローマ





P5120026                                      ウ~~ム じゃま






P5160393                                   こんなステキな裏通りもある






けれど







キワメツケ
の一枚 はこれ

P5120053                                   しばし足を止めてしまったよ






表通りは・・・・これだけ
P5130105                             彼女の指示で流れが決まる・・・カッコいい






写真に撮りたいような表通りは
ぶらつかなかったもんなぁ 



2013年5月23日 (木)

ローマの休日 (3) アッピア旧街道

P5140246


ローマとブリンディシをつなぐ〝アッピア旧街道″のサワリを
ローマに向かって歩いた ・・・・・・・・・





アッピア旧街道

  * この街道が造られたのは いまから2000年以上も前のこと

  * 隙間なく石を敷き詰めた往時の完全舗装道路

   * 排水設備もカンペキで でも

  * 迅速な移動のため
   〝真っすぐ″に造られた古代ローマハイウェイ


当時は ビッシリ敷き詰められていた石も 今では

P5140259                                       こんな状態で・・・

ここを通る の 上下動は ハンパじゃない   w(゚o゚)wヒェーー





往年の最速街道は 今や最遅街道となっていた 





両側には

墳墓 や なにかの遺構 がポツンポツンと点在している
P5140252_3


日曜日は 車両進入禁止となり
ピクニック気分の家族連れなどでにぎわうけれど

平日は が通り抜けるし
歩いている人が少なくてサミシイから

気をつけるよう書かれてあった けれど

そんなことはゼンゼン ない





散歩気分のカップルや
遠足気分の少年たちや
大きな を散歩させている人が

適度に歩いていて
にぎやか過ぎずちょうどいい

P5140238


照りつける は強く

日陰を求めてみんな お墓の前のベンチに腰を下ろす



お墓の前に座って

紺碧の空にスックと伸びるローマ松を眺めていると
時と場所を忘れてしまう・・・ な気分


路面はかなり修復されている
P5140266                               手前の大きい石が昔の石

       

       

       






前半の4km

P5140262                                     

墳墓と花が沿道に続き
歩く人も少なく
車はめったに通らない

       

       

       






チェチーリア・メテッラの墓
に近づくと

P5140279




アッピア旧街道は表情を変える    ン!





この近くまで
アルケオバス(ローマ寄りのアッピア旧街道を走行するオープントップバス) が
来ているからか

人が多くなるし
の往来も激しくなる



沿道には歴史的遺構が散在するものの

アッピア新道につながる道に入ろうとする車で
アッピア旧街道は渋滞し

駐車場は大型 でいっぱい








サン・セバスティアーノ聖堂

P5140289

地下のカタコンベでも有名だけれど
今回はカタコンベはすべてパス

聖堂だけ チョットおじゃまして

P5140284

サン・セバスティアーノ聖堂を出て

が激しく行き交うアッピア旧街道を避けて





すぐ左斜めに延びる道に入る
  この道は サレジオ教会への道なので扉がある

途中 これまたカタコンベで有名なサン・カッリストを左に眺め

       

       

羊の一群を間近に見ながら
P5140292


両側が緑一色の一本道をノンビリ歩く

     

     

     

サン・セバスティアーノ聖堂を過ぎた辺りからの
アッピア旧街道は の往来が激しく歩きにくいので

この道はオススメだ




チェチーリア・メテッラの墓 から この道の出口までは約3km

P5140297                                     出口付近で振り返る







この道を出ると 目の前にドミネ・クォ・ヴァディス教会
P5140298


「主よ、何処へ?(Domine quo vadis?)」 のお話で
あまりにも有名なこの教会内には
キリストの足跡が残っている
P5140300


クォ・ヴァディス教会からサン・セバスティアーノ門までは 約1km



途中に 第一マイル柱石があるけれど
たくさんの がけっこうスピードを出して走行している道路を
渡る気が失せたTraねこは

一路 サン・セバスティアーノ門を目指す

のガードをくぐり・・・・・・見えた

P5140302                          アウレリアヌス城壁 と サン・セバスティアーノ門

あそこをくぐればローマ市内だ   今日のゴールだ






城壁の内側にはもう一つ門が

P5140309                      ドゥルーゾの門



これは カラカラ浴場に水を運んでいた水道橋の一部







城壁を出て 右に進むと118番のバス停がある
はすぐにやってきた

メトロB線 チルコ・マッシモ(Circo Massimo) で
メトロに乗り換えればテルミニはすぐだ

 

     *************************

の便が良くなって
行きやすくなったアッピア旧街道だけれど
往時の雰囲気が少し残っているのは

メテッラの墓の先

  Traねこは ローマに向かって歩いてきたので
  メテッラの墓くらいまでだった






今回
クラウディオ水道橋 → アッピア旧街道へと歩いた ので
利用しなかったが

水道橋と組み合わせないなら

メトロB線 チルコ・マッシモ(Circo Massimo)から
118番の で終点近くまで行ってしまって
アッピア旧街道のメテッラの墓より先に出ることもできる



アッピア旧街道へ行くのなら
チェチーリア・メテッラの墓より先をオススメします

 

2013年5月21日 (火)

ローマの休日 (2) 水道橋

P5140202                                                                            クラウディオ水道橋





今回のローマ滞在中に訪ねたかったのが

この古代ローマ水道橋 




もう 10年以上前、ローマを訪ねたとき

アッピア街道の先には
ローマ時代の水道橋 が現存していて

そのさまは圧巻だ、と聞いてから
ゼヒ見てみたいものだ と思い続けていた

でも 同時に

そこに行くには自力で行くしかない、とも聞かされていた



そのころは 自力で行くことはできなかったけれど
今なら 行ける

で、行ってきた

この一帯は 水道橋公園になっていて

P5140168







長く長く続く クラウディオ水道橋 はここにある
P5140227
                                         

約2000年前に造られた水道橋が
広い広い野原に 長く長く続いている光景は まさに圧巻


約70㎞南の水源から

ローマへ向かって延びているクラウディオ水道橋は途中で
ストン と切れている
P5140189
断面には水の通り道がハッキリ見える

水道橋の上部が壊れたところでも

P5140199                             ここを重力だけで 水が流れていたんだ








水道橋が建っている5月の野原は花盛り
P5140211_2

P5140179_2

P5140179

お弁当持参のTraねこは ここでランチタイム

ローマでのお弁当だけれど・・・
オニギリ 梅干し緑茶 よ

ノ~ンビリ した風景と シットリ したお弁当はベストマッチング

こういう時って

何を食べるか、で印象がずいぶん変わってくる







日焼け止めを塗りながら
時間に追われずに至福の時を過ごす

P5140179_4







水道橋公園 というだけあって

すぐ近くには 今もローマ市内の〝モーゼの噴水″に水を運んでいる
P5140173                                フェリーチェ水道橋もある

P5140214

このフェリーチェ水道橋は新しく・・・
といっても ルネッサンス期に造られたんだとか






歴史的建造物が 町中に、そしてちょっと郊外にも
何気な~く建っている国、イタリア。

2013年5月19日 (日)

ローマの休日 (1) ローマ到着

P5170448




暮らすように旅するローマ の一週間は

フィウミチーノ空港 からスタート



速くて高くて テルミニ西側のホーム到着の レオナルドエクスプレス  ではなく
シャトルバス を使うTraねこは

到着ロビーを出て ひたすら右へ進む






途中 道路を渡る表示が頭上にあっても
   ケッシテ渡ってはいけません

この表示に従って道路を横断してしまったTraねこは
ムダな迂回をしてしまいソンした、ソンした



ターモナル3 の端っこにあるバス乗り場には
テルミニ行きのバスが次々入ってきては

次々発車していく

既に客がたくさん乗っていて
もうすぐ発車しそうな  の乗り口にいた係員から
チケットを買って 早速乗り込んだ・・・・

座席について フと思った・・・・

「このバス、ネットで調べたときに見かけなかった だけど
 駅の側に着くんだろうな・・・???」




こういう不安がよぎったときは

たいてい 不安的中 なのだ








バスは快調に走り・・・・・・

P5120006


車窓にはコロッセオが見えてきて
P5120011


バスは 予想通り 駅の西側に到着した ピタッ

ヤッパリ






広いテルミニを突っ切りたくないから
で来たのに これなら で来ても同じだったなぁ・・・と思いつつの

ローマ到着 デシタ

2013年5月 4日 (土)

ヨルダン (14) らしい風景

P3250020                                               う~~ム・・・ イスラム






Traねこの独断と偏見による 「ヨルダンらしい風景シリーズ」 デス







まず

P3260088                                                                               らしい町並み








ウワサには聞いていたけれど

P3300697                    を せがむ子供たち・・・それにしても・・・ フケ顔







ヨルダンの砂漠ってこんな感じ・・・・

P3270302_5                                    イメージ通り








で見かけた地名がいっぱい・・・・

P3300622                                                                   眼下には カナンの地                                                                                   









カッコイイ じゃなくても・・・

P3290585                                                楽しそう







これがこちらの仕事の流儀

P3300656_2                                                                         これでも お仕事中









道を尋ねる黒服の 、昔風のマネキン 、そして傾いたアラビア文字の看板

P3300648                                                                                               街角風景











○○らしい
・・・が多いほど 旅は印象深くなる

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ