« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の記事

2013年6月25日 (火)

色の記憶 (4) 白

P1060068                                                日本





芝居小屋の天井に連なる提灯


小屋の中は

黒・柿・萌葱・赤・薄茶・藍 ・・・・・などなど 色彩豊富なのに





印象的だったのは 天井にぶら下がった 白い 提灯




そして




この ぼんぼり(?)は

P1060042




遠いアジアの

闇夜の遺跡に浮かんだ無数の明かり   を思い出す

2013年6月23日 (日)

色の記憶 (3) 黄 その2

P1120274                                                    フランス








フランスの田舎・ブルターニュ地方にある
ゴーギャンお気に入りの村 ・ ポンタヴェン





村はずれの小高い山の上に トレマロ礼拝堂 がある

P1120276





その礼拝堂の中には

「黄色のキリスト」 のモデルになったキリスト像がある

P1120264





ウ~~ム・・・どうして これをあんなに黄色く したんだろう・・・


P1120267


ま、ゴーギャンのことは よくワカラン






石造りのトレマロ礼拝堂は

その姿 も 周りの風景 も とてもステキだった

P1120234

2013年6月22日 (土)

色の記憶 (2) 黄

Pa090041                                                イタリア


ご存じ ミラノ風リゾット

  各種あるうち いちばん黄色いのを載せました

   今日のタイトルは「黄 & 黒」 とすべきか迷った~

2013年6月20日 (木)

色の記憶 (1) 赤

P1020912                                                スコットランド


梅雨時とは言え( おまけに台風まで来ている

毎日よく降るねぇ 


アロウェイ(Alloway)の町を訪れた日も
今日のような雨だった


ここの有名人は バーンズ(Robert Burns)

 「蛍の光」 の原歌詩を書いた人ネ




その生家は 資料館となっていて
Traねこが好きな ビデオも上映されたりしていたけれど



この町で 印象的だった風景は

トップ写真の に濡れた赤いバラ 

これまたが似合ったブリガドゥーン辺り

P1020677





どんな橋か、というと
P1020679                               こんな橋( でぼやけている )




スコットランドは雨が多くて〝 気持ちにまでカビが生えそう 〟・・・なんて

悪口も聞くけれど




ここの風景には  もまたよく似合う

   夏の でも 日本のように蒸し暑くないしね

2013年6月13日 (木)

ローマの休日 (15) Arrivederci Roma !

P5150320                                                                           熱心なおじさん //// じゃまデス





どこかで見たことあるでしょう?

伝説のローマ創世記(?)





         ***********************




これまた 有名な・・・


滞在中  でよく見かけた このお顔

日本での評判は
スキャンダルまみれ の感があるけれど

連日 元気よくご活躍 のよう デシタ

 

         *************************





楽しかった日々は アッと言う間に終わり

帰りは迷わずテルミニ から

P5170428                                                           乗車

 

エピローグは これ にしよう 

2013年6月12日 (水)

ローマの休日 (14) アッピア旧街道へのTraねこ的歩き方

「Traねこ的歩き方」 第弾は

水道橋 ⇒ アッピア街道 への歩き方例 デス


この辺は 想定内・想定外の歩き方が イロイロあるようだけれど
どの道を歩いても その道なりの「旅」ができそうだ

 

 *今回も長くなりそう・・・
    興味なかったらスルーしてください。





          ******************




水道橋 を満喫したら

アッピア街道へ向かう

   

 

クラウディオ水道橋をくぐり抜け

P5140224_2





ゴルフ場にそって左へ曲がると
のガードが現れる
P5140229                                 このガードをくぐり・・・



さらに

もう一つガードをくぐり

P5140230





大きな門構えの家が並ぶ松並木を進む
P5140233

この道Appio Ciaudio通り

P5140234                                    30分くらい歩くと・・・







が ビュンビュン のアッピア新道(Via Appia Nuova) に出る

P5140235


ここは

Appia街道 と Appia新道 を結ぶ Via Appia Pignatelli
新道側の出入口 でもある

つまり

交通量 ・・・とても 多いのだ  

目指すアッピア街道は アッピア新道の一本向こう
(場所によっては間に Via Appia Pignatelli があるので二本向こう)





まず
 



アッピア新道を渡り・・・

クインティーリ荘に行く場合
新道をさらに左に進まなければならない

けれど

クインティーリ荘は行っても行かなくてもいい、と思っていたので
アッピア街道方向へ曲がる一番近い道を探した 

 



  Traねこは

   がビュンビュン 走り抜ける
  歩道もガードレールもないこの道(アッピア新道)から早く離れたかった





持参のGoogle mapでは

Appia Pignatelli通りを
右へ(ローマ方向へ)少し進めばAppia旧街道へ至る道がありそうだった ので

クインティーリ荘とは反対の右方向(ローマ方向)へ歩き出した 

 

         

     

     

 

     


あるはずの道がない

 

    帰国後  Google mapで再確認したら、ヤッパリ 道はある・・・・
    細い道で見逃したのか・・・よほど疲れていたのか・・・・深まる
ナゾ

     

     キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

     

     ・

     ・

     ・

 

  結局 

アッピア街道を横切る エロデ・アッティコ通り(Via Erode Attico)

テクテク歩いて

P5140237                          アッピア街道に到着した  \(^o^)/






アッピア新道を渡ってからここまでは 10分ちょっと
 ←つまらない道なので長く感じた

  


   つまらない道だったけれど
   Via Appia Pignatelli と Via Erode Attico の交差点 には
   マーケット風の店舗があった

   立ち寄らなかったので確実ではない
   飲み物などを購入 できるかもしれない







       
***********************





Appia新道 からの説明には

ゴチャゴチャになりそうな名前の通り が ズラズラ出てきて
地図を見ないと分かりにくいと思う 

  でも、地図を見れば一目瞭然    あ、ナゾの道もあるけれどネ




また





Appio Claudio通りの後半
Erode Attico通りアッピア新道には

路線 が走っている ので

疲れたり、行先変更しようと思ったら
路線に乗れば

     ローマカードを持っていれば だしネ

ただし 本数は少ない。



Traねこもバス停は何カ所か見たけれど
バスには 1本しか出会わなかった。

路線バスは ここで検索出来ます。

http://www.atac.roma.it/

 

     番号と行先 (方面)が 事前に分かっていると
   飛び乗るときにとっても便利

 

 

予定より少し短くなったけれど
ここからアッピア街道 を サン・セバスティアーノ門まで歩いた 

 

2013年6月11日 (火)

ローマの休日 (13) 水道橋へのTraねこ的歩き方

P5140228




今回

クラウディア水道橋 ~ アッピア街道 の *情報集め に苦労した。
Traねこの〝不運〟と〝ウッカリ〟もあるんだけれど・・・・

  * 「○○の歩き方」にも載っていることは載っているけれど
      細切れ情報 と 実際に歩くにはあまり役に立たないカンタンな地図のみ

  * 結局、役に立った情報は
     あの辺りを歩いた人のブログから頂いた

  * 持参した地図は Google map


そして・・・「この辺が迷うだろうな・・・」 と思ったところで ちゃんと迷ってきた




水道橋への行き方はイロイロあるけれど

この行き方で
行って帰ってこられたよ
・・・・ということで

その行程を少し詳しく書いておこう





この辺に行く気がない人にはタイクツなので
そう思ったらスルーしてください。





           *************************

コースは

クラウディオ水道橋からアッピア街道に出て
ローマに向かって歩こう と決めた。




9:35 テルミニ近くのアパートを出発

        アパート前の道路でやっているマーケットに立ち寄り
       夕食材料を買い込み
       冷蔵庫にそれらを入れに戻ったため
       予定より遅くなる






9:45 テルミニ(メトロA線ホーム)

P5140166


    

10時過ぎ メトロA線 ジュリオ・アグリコーラ(Giulio Agricola)下車

  次のスバウグスタ(Subaugusta)で降りる との情報もあった。

    水道橋公園は広いので 入り口も複数あるようだけれど
  スバウグスタ(Subaugusta)からの入り口はクローズとの情報を
  チラッと見たのでTraねこは ジュリオ・アグリコーラ(Giulio Agricola)で降りた。





改札を出て

  さて、どの出口に上がればいいのかな・・・

ガラス張りの駅員詰め所の中にいた駅員に
イタリア語版の「水道橋公園」のプリントを見せて

「どっちに行けばいいの?」 と尋ねてオドロイタ!



怪訝そうにプリントを見た駅員は
「地下鉄に乗って4つ目の駅で降りろ」と言った  Σ( ゜Д゜) エッ!

   うん、知ってる・・・その駅からは
   アッピア新道を通る路線バスが出ているのよね
   でも、まず水道橋に行って
   そこからアッピア旧街道に歩いて行きたいの・・・
   それに、その駅は5つ目だよ/////




ラチがあかないので 「わかった、わかった」 と答えて
適当に地上に上がった。

   さて、どの方向に歩き始めればいいのかな・・・
   
Google mapには肝心の道路名が入っていない




ちょうど目の前のビルの入り口に立っていたガードマン風の人に
水道橋公園の場所を聞くと・・・

すまなそうに「知らない」と言う

   エッ! 最寄駅なのに あなたも知らないの?

次に Google map のプリントを見せると・・・今度は
しっかり覗き込んで 「この通りをこっちに真っすぐ」と教えてくれた 
さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

ジュリオ・アグリコーラ(Giulio Agricola)から行く場合
     歩きだす方向はシッカリ確認してください

   これさえ間違えなければ、もう行けたも同然

  



尋ねた人に 「知らない」と言われてもここから行けます






あとは真っすぐ歩くだけ

   

スーパー や カフェ
軒を連ねる町並みに心惹かれながら・・・

   

P5140167

     

     

 

10:20 水道橋公園入口 (駅から徒歩7~8分





公園の入口には案内所があると知っていた

そして

パンフレットや詳しい地図がもらえると勝手に決めていた






案内所はあった

P5140171                             しかし 閉まっていた

  この案内所、日曜日しか開かないようです

         はい、テルミニのインフォーメーションで
     確認してこなかったTraねこがウカツでした・・・あとの祭り
 




手に入れられると思っていた パンフ も 地図 もないままのスタート 
┐(´д`)┌ヤレヤレ

案内所の後ろに写っている フェリーチェ水道橋
P5140173_3

を くぐると

すぐに正面に 分断されたクラウディオ水道橋(の一部) が姿を現す
P5140177
しかし これは連続していなくて
クラウディオ水道橋のイメージと異なる






長く続く水道橋は どこじゃ どこじゃ




ここで Traねこの に入ったのが

P5140178                                   この 途切れ途切れの水道橋






これが見えた右方向(ローマ方向)へ
Traねこは迷わず向かった

   

   

なかなかいい散歩道だけれど 水道橋は現れない・・・

   

   

一向に連続した水道橋は見えてこない・・・
なんせ 公園の地図を持っていないので見当がつかない

   

   

15分も歩いただろうか・・・

  いくらなんでもオカシクナイカ?

近づいてきたのはシートが掛かった修復中の水道橋

  やはり ヘンだ・・・







出会ったオジサン二人組に尋ねると・・・

それはそれは親切に

Traねこが持っていたプリントを
遠慮なく取り上げて パラパラめくりながら
その解説までしつつ

 アッピア旧街道の説明は 今はいらない・・・・


連続したクラウディオ水道橋への行き方を教えてくれた   さんくす♪(o ̄∇ ̄)/





オジサンたちにお礼を言って
いま来た道を引き返す

   

   

   

フェリーチェ水道橋をくぐったら の方向へ進みましょう

   いえ・・・地図を持っていれば大丈夫なんですが・・・







小さい川を渡って 道なりに進むと

P5140213                  松並木の向こうに長く連なるクラウディオ水道橋が見えてくる






Traねこのように余計なウォーキング をしなければ

案内所 ⇒ 分断されているクラウディオ水道橋を見て ⇒ ここまで
10分もかからない




そして、いよいよ


広い野原に
なんの説明書きも 柵もなく
ただ立っている

長い長い水道橋とのご対面






このコースは分かってしまえば
簡単・安全・短時間 と三拍子揃ったオススメコースだ

2013年6月 8日 (土)

ローマの休日 (12) 蜂の噴水

P5160388

ローマをふらつく



トレヴィの泉
をはじめとして

モーゼの噴水(サン・ベルナルド広場)、
ネプチューンの噴水 & ムーア人の噴水(ナヴォーナ広場)、
船の噴水(スペイン階段下)、
ナイアディの噴水(共和国広場)  などなど・・・

大きな有名どころの他にも



町のあちこちに 小さい噴水があって
    水が豊かな町なんだなぁ・・・と つくづく思う




そんな 噴水があふれる町で

Traねこのお気に入りが 蜂の噴水

有名なヴェネト通りの起点(終点?)にある
小さな3匹の蜂が主題になっている 一見 ジミな噴水


大きくないし

派手に水を噴き上げているわけでもないし

ベルニーニ作だから というわけでもないけれど

貝の曲線 とか 傾き方 とかが
なんとなく好き で 何度も見たくなる


でも


今回、ここは人通りが多かった  時間が悪かったか・・・

P5160387




そのうえ


噴水左後方の(一人はセーターの色が建物の黒色と同化している)
がどうしても どいてくれなくて
P5160382


P5160383_5                                                                                    ね? まだいるでしょ?



かなり 時間をおいたのに・・・・・

P5160384                                                         ほらぁ・・・まだいる



ナットク
できる写真が 1枚しかない




「民衆と家畜のための水」は
現代でも民衆に愛飲されていた


この水、家畜にも だけれど は飲みませんデシタ

2013年6月 7日 (金)

ローマの休日 (11) コロッセオ

P5130082_3



コロッセオは 先手必勝




ここでは ローマカードが威力を発揮する



8:15頃 入口には 既に列ができていた 

でも、たいして長くない   (v^ー゜)ヨカッタ!!


せっかくローマカードを持っているんだから
        チケット購入列には並びたくないのに

列が曲がるところで二股に分かれていて
    どちらも自分の列が正当な列だ、 と答えるし・・・  (・_・)エッ....?

係員なんてトウゼンどこにも見当たらないし・・・ (#゚Д゚)y-~~イライラ


側がローマカードを持っている人の列だと聞いてはいるけれど
     ゴチャゴチャに並んでいて左右の区別がつかないし・・・・  ┐(´д`)┌ヤレヤレ


きっと

みんなよく分からずに並んでいるんだろう, と
あきらめて並んでいたら・・・

8:30に列が動き始めた

  オッ  意外と正確




コロッセオの中に入るところで
係員が 「チケット購入組」 と 「ローマカード組」 に仕分けていた

   ここで仕分けるのか・・・たしかに 「側に進め 」  と指示された

  




 
オープン前に到着したら

       「どっちがローマカード組かな?」と
     気にせずに並んで大丈夫デス





行列のチケット売り場を横目に
一回も止まることなくドンドン進み

 
ビデオガイドを借りて

   

   

スタジアム内部に入った



コロッセオは 何度か来たけれど
こんな空いているコロッセオは初めて




プラカード
や 畳んだままの折りたたみ傘
高く掲げたガイドに先導された各国の団体が押し寄せてくる  のは

9:30過ぎ




彼らより 半周 先行 すれば
空いていて清々しくて コロッセオも好印象

P5130089_2                                        お供はビデオガイド

特別ゾーンはツアーに入らないと立ち入れない




TOD'S社からの資金 提供で
やっと進みだした修復工事は
再来年まで続くとか・・・

修復工事はモチロン必要だけれど
壊れかけ のほうが風情

P5130103_3

                         違和感を感じる修復部分  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~                           

2013年6月 3日 (月)

ローマの休日 (10) テルミニ

P5120021




ディオクレティアヌスのテルメ(Terme di Diocleziano)

P5120049


が近くにあったから「テルミニ」  ( ^ω^)ナルホド







モチロン 終着駅

P5160377_2





ここは一日中 人・人・人・人・・・・・・・・いろんな光景が展開している 






下りエスカレータの入口をふさぐように
占拠していた車いすの男性を

  ずっと観察していた Traねこは
  この人がちょっとフツウでないと分かっていたよ

ほっとけない! とばかりに

   それも Traねこはずっと見ていた

何とかしてあげようとする周囲の人たちを代表して

親切にリフト乗り場に案内して
何度も何度も説明していた若者

P5160380                              (このあと 車いすは元の場所に戻ってきたよ)




かと思えば・・・・




いつものように
人目もはばからず
おしゃべりに花 を咲かせるオジサンたち

P5160381                                   おい! 仕事はどうした?





P5160379                            






ミラノ央駅より
ウルサクまつわりついてくる輩が少ないし


新しいだけあって構造は機能的だし 

スーパーも夜遅くまでやっていて
食べ物屋もショップも各種たくさんあって

情報もあふれていて




やっぱり は便利だなぁ

2013年6月 1日 (土)

ローマの休日 (9) トラステヴェレは遠かった

P5150346_2



いえ、ホントはけっして遠くなんかないのです
バス(U115) のルートを見てもお分かりの通り
地図を見たって近いデス






カンピドリオ美術館のテラスからマルケルス劇場を見下ろし・・・
P5150325_2



さて、これからどこに行こう? と考えた・・・




そうだ、 ジャニコロの丘からローマを見下ろそう
明日は かもしれないから 今日行ってしまおう 




バスのルートを調べたら

バチカンの南にある〝ジャニコロバスセンター″から
ミニ115が出ているようだ





では、まず〝ジャニコロバスセンター″へ行くことにしよう

                   

この辺りと思しきところで を降り・・・

         

交通整理中のポリスに
「ジャニコロバスセンターはどこ?トラステヴェレに行きたいの」
と尋ねたら・・・

坂の上を指さし、「GO!」と教えてくれた






やはりバスセンターは有名なんだ!と ホッとして

         

坂上に行ったけれど・・・

なんだか雰囲気が違うような・・・・

大型バスのはあるようだけれど
ミニバスの発着場ではなさそうだ・・・・・あのおまわり 間違えたな






キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ
と周辺を見回すと
   10人以上の人がかたまって何かを待っているような・・・


さっそく

    そばに行って

「ここはstop?」と尋ねると
ハッキリと 「ちがう 」 と言う

 

「Oh  では ミニバス115のstopを知っている?」
(愛嬌もなく) 「知らない( ←ジツにそっけない)。 あのポリスに聞け」





そのポリスは
大型バスや車が行き交う騒然とした道路の真ん中に立っている

Traねこが声をかけても聞こえない、らしい・・・

もう一声、と思ったら

ジツにそっけなく 「ポリスに聞け」と言った人々が一緒に声をかけてくれた

     ホントは親切だったのね、 (/ ^^)/アリガトネ





大勢の呼びかけに振り向いたポリスは
手招きをするTraねこに「チョット待て」 と合図して

車の途切れた頃合いを見計らって
こちらに歩み寄ってきた

そして

115番のバス停を丁寧に教えてくれた   さんくす♪(o ̄∇ ̄)/







ポリスにお礼を言って振り向くと

一緒にポリスを呼んでくれた人々が
「どうなることか・・・」 とこちらの様子を伺っている・・・ 

「Thank you 」 と叫んだら一斉に大きくうなずいた   (/ ^^)/アリガトネ





歩き出す前に を向けると

P5150344   初めて 笑顔で 手を振って見送ってくれた・・・この人たち何者なんだろう???









バス停は教えられた場所にちゃんとあった、ホッ!

バス待ちの人もいる、またまた ホッ!

       ・

       ・

       5分 経過

       ・

       ・

      10分 経過

870番のバスが来た 

       ・

       ・ 

       20分 経過

870番のバスが来た

       ・

       ・

このあたりは

〝布教局〟 とか 〝教皇庁○○〟 とか 教会関係の建物が多く
詰襟風の黒服に身を包んだ若者が行き来している ←なかなかカッコいいね

   このあたりは なんか・・・バチカンのバックヤードって感じ

家族連れの子供が珍しそうにTraねこを凝視している ←なに? Traねこが に見えるか?

   ムリもないか・・・ほかに観光客は見当たらない・・・

仕事を終えた地元民が連れだって帰っていく

   
 
   普通の人が 普通に生活している・・・ 


そんな様子を見ていると
    時間が経つのを忘れてしまう浮世離れの一匹

       ・

       ・

番号のないバスが来た ←どこ行きなんだろう???

115番の終バスはの1:30と書いてあるし そのうち来るさ・・・

       ・

       ・

       40分 経過

       ・

やっと 115番の が  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


乗るとき

「トラステヴェレに行く?」 と


耳に をつけていたドライバーに尋ねたら
彼は慌ててそれを外して愛想よく 「行く、行く」と答えた





ジャニコロの丘で降りよう、と思っていたけれど
も降ってきそうだし

トラステヴェレのに直行しよう    Go!
P5150347

115番の
トラステヴェレの細い路地をクネクネと曲がりながら
町に入って行った

ドライバーが「ここだよ」 と言うので を降り

「へ~~ ここがトラステヴェレのセンターか・・・」 
 



と思ったら




そこは持っている地図の範囲外で  w(゚o゚)wエーーッ





そこから トラムに乗って・・・

やっと町の中心、ソンニーノ広場に到着した \(^o^)/
P5150348





カンピドリオ美術館からマルケルス劇場の脇を通って・・・  ・・・

テヴェレ川を渡ってきたら
P5150363


アッという間にこのソンニーノ広場に来られたね 





この ムダ 回り道 こそが個人旅の醍醐味ね 

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ