« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の記事

2013年7月26日 (金)

色の記憶 (11) 青

P1060875                                                                                                       イタリア




一時衰え気味だった暑さがジリジリとしてきて・・・

まだまだ は元気だ

   そりゃそうだ・・・まだ7月だもの



はあんまり好きじゃないけれど
カラッとした日差しの中で見る 真っ青な は見ていて気持ちいい 

の青さが
そのまま いちばん出ている写真 は ヤッパリこれ






カプリの は最強だ






あ~~
 

あの青さ と ノンビリ時間が たまらなくなつかしい~~

P1060868

2013年7月23日 (火)

色の記憶 (10) 緑

P5140106                                                  スペイン






ここに 麦畑があったこと

      ↓

その年も 麦がスクスク育っていたこと

      ↓

麦畑が 緑の海 になる季節だったこと




そして

サイコーの天気 だったこと

      ↓

光の具合が ちょうどいい時間 だったこと




そして なにより・・・

Traねこが その時 スペインの田舎を歩いていた こと





すべての条件がそろって出会えた 輝く の海

2013年7月17日 (水)

色の記憶 (9) 白 その2

P4190394                                                   日本







    季節外れな色話題です






この桜、 ホントは 「黄桜 」 と書いてあった




だから

タイトルは 「黄」 にしなければいけないのだろう 
Traねこは 実物を見たときも

「黄色」には見えなかった

  まぁ、 うす~~い黄緑色といえば そのような気もしたけれど・・・






むしろ 

どちらかといえば 薄緑 に見えないこともなく・・・ ウ~~ム・・・

P4190400






でも





色の桜は
P1020305




とか

P1020239




だから

緑色の桜とは違うし・・・
の色って 奥深いね  ふ~~ん






ちなみに
・・・

トップの桜は 黄桜酒造株式会社の庭に咲いていたから

「黄桜」って ゴウイン に 言っているのでは・・・

なんて思っている

2013年7月14日 (日)

色の記憶 (8) 極彩多色

P1100847_2                                         シンガポール



暑苦しさ
を以って 猛暑を制す 

    その一枚   はこれ






シンガポールのインド人街は
色・柄のみならず いろんなイミで全体的に とても印象的



とてもカラフル

P1100824




ついでに




個性的な仏像の面々

P1100851




これって・・・・ ///////

P1100849

2013年7月10日 (水)

色の記憶 (7) セピア

Pa120308                                  イタリア






猛暑
のなか

涼しげな色・・・涼しげ・・・と記憶の彼方をみつめて・・・思いついたこのシーン

  実際 涼しい空気に包まれていたからそう感じるのかも・・・



いま正に 沈まん とする夕日が染め上げた水辺の風景




一瞬のの作品

2013年7月 8日 (月)

色の記憶 (6) 黒

P1090141                                               アイルランド





猛暑
を口実に 毎日 飲んでますか~~






と言ったらこれでしょう P1090139



でも


試飲は すぐにはデキマセン  ←アタリマエか・・・・飲んだらすぐ帰っちゃうものね

P1090146





学んだあとの オタノシミ

P1090153                                             このサロンで出来立てギネス を頂いたんだけれど・・・



よほど夢中だったのか・・・ アリマセン

 

           *****************************************






「梅雨明け十日」 とはいうけれど
それにしても 暑い ねぇ

初秋でも肌寒かったダブリンが なつかし~~

2013年7月 6日 (土)

色の記憶 (5) 猩々緋色

P1150275                                                  モロッコ






町は うす暗くなってきたけれど
城壁と国旗は夕日色

でも

記憶に ガーーン   と刻まれた

この時の 国旗の色 をなんと表したらいいんだろう・・・

夕日に照らされていたけれど
「夕日色」では弱すぎる・・・・・





「猩々緋色(しょうじょうひいろ)」

      ウ、多分これだ


ところで

「猩々」 ってナニ? ・・・・

顔だけでなく体毛も鮮やかな赤い色をした
中国の伝説の動物なんだって 

      なんか コワイね /////


夕焼け色のライトを浴びて

輝くような猩々緋色の国旗が

風にたなびいていたモロッコの夕暮れ

2013年7月 1日 (月)

ホントに梅雨?

P6290007





ご存じ 蔵王 の お釜

梅雨真只中というのに クッキリ ハッキリ



でも



ずーっと晴れているわけではなく
P6290021                                       こんな風景も・・・・・





6月末の蔵王の山々は 花盛り  ← ちょっとピークを越えつつあるみたい・・・・







タニウツギが華やかにピンクの彩りを添える 新緑 の海を通り抜け

足元にハクサンチドリの紫 や
ツマトリソウ&ゴゼンタチバナの白 を見下ろしながら 山道を歩けば ・・・







P6290001







P6300030






ピンク

P6290016





他にも イッパイ イッパイ・・・・・

色とりどりの花々が咲き誇る







そして 一面の

P6300044                                        チングルマ

P6300045







ときどき

ガスが流れてくるけれど

P6300040

                                   周囲の山々も 適度に姿を現し

P6300033                                  

                  蔵王には 梅雨がない・・・と思ってしまう夏色の空 





西から梅雨が明け始めているとは言っても
まだ 蔵王はシッカリ 梅雨真っ最中

の間隙をぬって 初夏の蔵王を楽しんだ

        







        **********************






旅のおまけ は・・・・






ちょうど これの季節・・・なんだか分かるかなぁ?

P6290024




答えはゲンジボタル ・・・・・ わからないよね、ハイ 



では




この葉っぱ 何の木の葉か分かるかな?

P6300054



答えは・・・マタタビ ← 狂喜乱舞 

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ