« ボストン (1) 深夜便 | トップページ | ボストン (3) 植民地 »

2013年9月24日 (火)

ボストン (2) ボストン到着 そして我が家へ

P9150001                         この顔、どこに駐機していてもかなり目立つ



<9月某日>

深夜に羽田を飛び立ったはシアトルまで



入国審査では

「なぜボストンに行くんだい?
 シアトルにもいいところはたくさんあるよ」

とオモシロ半分に食い下がる審査官をテキトウにあしらって・・・・

ここからは アラスカ航空で 早朝のボストンに降り立った



この旅のテーマは

“ 暮らすように旅する in アメリカ ”



さっそく

シャトルバス →地下鉄 →地下鉄・・・・と乗り継いで

アパートの事務所へ



案内された 〝ボストンの我が家〟はこんな感じ
P9170070


木漏れ日がまぶしいアパートは
シンフォニーホールのすぐ近く

  夏のボストンポップス と 秋冬のボストンシンフォニーオーケストラの
  ちょうど端境期でなにもやっていなかったけれどね
      ┐(´-`)┌ ザンネン


「41」のほうのアパートは 全部で6室

ここで生活している人がいるのか いないのかは
最後まで分からなかったけれど

毎日、掃除が入るアパートだった

        ・・・これっていいような 悪いような・・・・


道路に面した窓からは が降り注ぎ

うっそうと茂る木々の枝葉が
窓いっぱいの緑のカーテンになっている
P9160068


ボストンの我が家

[1ベッドルーム] + [リビングルーム] + [キッチン] +[ バスルーム]

という間取り

日本流にいうと [1LDK] ね




P9150054



ここを拠点にP9150053

たった一週間だけれどボストンを

らすようにしてきた・・・・・

・・・・・

« ボストン (1) 深夜便 | トップページ | ボストン (3) 植民地 »

アメリカ」カテゴリの記事

コメント

真っ先に飛び込んできたこの写真。
誰?? チェ・ゲバラ? んな訳ないよね。
とても気になるんですけど。 正解知ってるの?

ボストンの「通称Tra屋敷」も素敵です。
たとえ借景でも、緑を眺めながらの食事は一段と美味しく感じられるでしょうね。

>ボチェッリファンさん

>誰?? ・・・・・・・・・・・
>・・・・・・・・・・・・正解知ってるの?

この人は、多分“一般エスキモー” だと思う・・・
アラスカ航空の顔だから

顔の周りのあれは髪の毛ではなく、フードについたモコモコなのね。

”一般・・・”っていうのが新鮮

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボストン (2) ボストン到着 そして我が家へ:

« ボストン (1) 深夜便 | トップページ | ボストン (3) 植民地 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ