« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の記事

2013年9月30日 (月)

ボストン (5) ヒーロー

P9150039                                                                                                      若き J.F.K




<9月某日>



ボストンが誇る、ボストンの隣の市生まれの

J ohn F itzgerald K ennedy




たった3年間の大統領だったけれど その印象は強烈だ  

P9180189                 この駅から10分ちょっと歩いた 住宅街に彼の生家はある





P9180181





一階は 居間・食堂・台所 だけ

二階は 部屋が4つ と バスルーム

三階は 立ち入り禁止

廊下も幅が狭く
台所は、アメリカ人が「Small !」 と叫んだほど・・・・・

  でも、日本の庶民としては「ふつう」に思えたけれど・・

シッカリしすぎ、とも思える母に厳しく育てられた少年は
めでたく 第35代大統領になったのであった




ところで

この国民的ヒーローの像なんだけれど・・・・
トップの写真、ボケているでしょう


だって

そばには近寄れないの



建国の志士たちの像は

フリーダムトレイル沿いに 何気なく建っていて
周囲に柵さえなく、触りたい放題なのに


J.F.K は

州議事堂のフェンス越しに遠くから見えるだけ・・・・



生きている時を知っている人なので
「近くで見たいなぁ」 ・・・というより 「近くで撮りたいなぁ」・・・ と思って

大きな建物だから

P9150044_2

入り口は遠かったけれど わざわざ 行って ・・・ ・・・





Traねこたちが近づくと
なぜか中に入ろうとする係員を呼び止めて オイオイ・・・


「J.F.K の像に行くにはどう行ったらいいのですか?」  ´ω`)ノ ド~モ・・・

と尋ねたら



「閉ざされたドアの向こうだから行けない、道路から見えるよ」

と答えるではないか・・・ ソレハ シッテルヨー!




(゚Д゚)エェ~~?




「道路から見たからここへ来たのだ、あそこからでは遠見 じゃない

と訴えると


「あそこはセキュリティゾーンだからダメなんだ、
 州議事堂の中にはここから入れるよ」

と入り口を指さした・・・・

時は既に夕方、他を歩き回って足もつかれていたし
「No thank you 」と言って はすごすご Uターン

J.F.K には近寄れません

2013年9月27日 (金)

ボストン (4) グリーンモンスター

P9170122                                                                   フェンウェイ名物・グリーンモンスター


                                   



<9月某日>

「ボストン」といえば・・・・

P9170099




「レッドソックス」といえば・・・
P9170124                         アメリカでいちばん古い球場・フェンウェイパーク


                    

その変形球場は

レフト側が極端に浅く 緑色の壁(グリーンモンスター)がそびえ立つ
P9170125_3






特にMLBファンというわけでもないTraねこだけれど

その雰囲気と
映画で何度も見たフェンウェイパークを見たくて

MLB初体験






夕闇迫る頃 スタンドに観客が入り始め

P9170144        青いタオルを手にしたオジサンが席に案内して椅子をタオルで拭いてくれる


        




ゲームが始まると・・・・



周りのレッドソックスファンはゲームに集中しているけれど
P9170155




Traねこは ひっきりなしにやってくる物売りも無視できず
P9170165








P9170161                     クラッカージャックを投げて渡している・・・


                    


P9170166                                                                      なんか堂々としてる・・・




売り方も スピーディーで力強く 疾風のごとく動き回る



応援は

鳴り物なしでも十分に響き渡り

7回表終了後には ♪Take Me Out to the Ball Game ♪~~ 

8回には  http://www.youtube.com/watch?v=RKysnb7Fksc (←正にこの通り 

に ライブで参加して おもしろかったよ



でも

夜の空気は

快適 → 肌寒い →寒い →シンシンと寒い・・・と変化して・・・
薄手ダウン&オーバーズボンを着込んだ我々は ちょっと浮いていたな


そして

負けているうえに寒いのに帰らないのには理由がある。


それは

今シーズン絶好調のクローザー、上原を見ないわけにはいかないから

登板が確約されているわけではないけれど きっと出てくるさ




そして 9回

「ピッチャー UEHARA」 のアナウンスとともにブルペンから上原が走り出た

思わず 「出た~~ 」と口に出したら・・・・

前のシートの親子連れが 「DETA~~」 だって    hahaha


P9170172                                               相変わらずのお顔、ネ                            


                                     

P9170171                 三菱製のスクリーンに上原・・・この時この画面は「The 日本」






この夜のゲームは

レッドソックスの負け で 上原は今季初黒星★
記録も途絶えた・・・・まぁ、記録なんていつかは途絶えるのさ   ┐( ̄ヘ ̄)┌ ソンナモノ





MLB初観戦をして Traねこはシミジミ思った・・・

「野球 って スピーディーなスポーツ なのね  」





この3ゲーム後、レッドソックスは地区優勝を決めた

実況中継の には

ピッチャーマウンドで
両手を広げて飛び上がる UEHARA が いた  (*^ー゚)bグッジョブ!!

2013年9月26日 (木)

ボストン (3) 植民地

P9150003





<9月某日>

USA って かつて 植民地 だったのよね・・・

   考えてみれば・・・至極当然なんだけれど
    最初からピンとこないのは Traねこだけか・・・





建国時代の〝ゆかりの地〟を結ぶ歩道に描かれた赤い線

P9150049                              これが フリーダムトレイル



赤い線は

P9190282                               赤茶色の煉瓦を使ったり・・・・



P9190279                                直接道路にペイントしたり・・・・




P9190283                                曲がり方まで指示していたり・・・


さまざまな姿で、ちゃんと続いている




ところどころコースを外れてフラフラ歩き回ったり ・・・・・・・・・・・・・・・
時と場合によっては地下鉄移動 もいとわないTraねこ達は

進むべき道を見失うこともあり ・・・・

   この辺でフリーダムトレイルにぶつかるはずだけれど・・・・キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

    アッ  あったあった

・・・・という具合に とても役立つ







町の中心から 海を渡ってバンカーヒルまでの全長4kmのトレイル沿いには

P9150048                      ここから独立気運がした   ボストン虐殺地跡



P9190267_2                     開戦前夜、2つのランタンが灯った オールドノース教会

などなど 見どころが続き・・・ ・・・ ・・・




地図を片手の &リュック姿 や

観光バス からゾロゾロ降りてくる一行

こんな装束のガイドにくっついて歩く

P9150007                                          ツアー参加者

などで 賑わっていた

         


     でも 日本人らしき姿は見かけなかったなぁ・・・

 

 

2013年9月24日 (火)

ボストン (2) ボストン到着 そして我が家へ

P9150001                         この顔、どこに駐機していてもかなり目立つ



<9月某日>

深夜に羽田を飛び立ったはシアトルまで



入国審査では

「なぜボストンに行くんだい?
 シアトルにもいいところはたくさんあるよ」

とオモシロ半分に食い下がる審査官をテキトウにあしらって・・・・

ここからは アラスカ航空で 早朝のボストンに降り立った



この旅のテーマは

“ 暮らすように旅する in アメリカ ”



さっそく

シャトルバス →地下鉄 →地下鉄・・・・と乗り継いで

アパートの事務所へ



案内された 〝ボストンの我が家〟はこんな感じ
P9170070


木漏れ日がまぶしいアパートは
シンフォニーホールのすぐ近く

  夏のボストンポップス と 秋冬のボストンシンフォニーオーケストラの
  ちょうど端境期でなにもやっていなかったけれどね
      ┐(´-`)┌ ザンネン


「41」のほうのアパートは 全部で6室

ここで生活している人がいるのか いないのかは
最後まで分からなかったけれど

毎日、掃除が入るアパートだった

        ・・・これっていいような 悪いような・・・・


道路に面した窓からは が降り注ぎ

うっそうと茂る木々の枝葉が
窓いっぱいの緑のカーテンになっている
P9160068


ボストンの我が家

[1ベッドルーム] + [リビングルーム] + [キッチン] +[ バスルーム]

という間取り

日本流にいうと [1LDK] ね




P9150054



ここを拠点にP9150053

たった一週間だけれどボストンを

らすようにしてきた・・・・・

・・・・・

2013年9月23日 (月)

ボストン (1) 深夜便

夏眠 をたたき起こされ・・・・・・・

怒涛の一週間を乗り切り・・・


旅立った ときは

まだまだ真夏だった東京も

やっと暑さがおさまったらしい・・・・


成田に降り立ったときは
懐かしい あのムッとする暑さにガックリしたけれどね 




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…



<9月某日>




羽田空港  1 : 30

はシアトルへ向けて飛び立った




成田より 近く

交通費も 安く

なにより 夜 ゆっくり 家を出発 できて・・・・

いいことづくめの羽田空港




で、

ここから出発する今回の旅の目的地は アメリカ






ドタチェン(土壇場変更) を乗り越えて

    JALの B787 を急遽やめたので

   変更はイロイロあったさ

いっそがしい一週間を乗り切って・・・・



覚悟も新たに いざ 出発

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ