« シチリア 2014 (8) カターニャⅡ 魚市場 | トップページ | シチリア 2014 (10) 真っ白 »

2014年6月13日 (金)

シチリア 2014 (9) 識別不能Ⅰ

悪魔は悪魔の顔をしていない

それは半世紀以上生きていれば
身をもって知っている        ( ´,_ゝ`)ハイハイ



しかし


それでも国内なら なんとか見当もつくが

海外では 



全く ワカラナイ 
┐(´-`)┌






<その1> カターニャの にて

P5180147




カターニャのには自信があった



出発前に yさん情報で
ルートもバス停の位置も確認済み 便利だねェ


カターニャ中央駅から ドゥオモ広場までは
歩いてもたいしたことはない ・・・・・・・・・けれど

せっかく調べた に乗ってみたかった




駅前のバスターミナルに行って キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ していたら


[ 431N ] が入ってきて
止まった から運転手が降りてどこかへ消えた 

ドアが開いたままの無人バスに
traねこは迷わず乗り込んだ

なかなか発車しないので
後から乗ってきた地元民は他のに乗り移って行った




なかなか発車しないなぁ・・・ と思っていると

何度か乗ったり降りたりしていた地元のオネエチャンが
Traねこに何か話しかけてきた



「○×○△×・・・・!」(←わりと激しい口調で)



何を言っているのかワカラナイので無視していると

┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~


って感じで離れていき

乗り口のステップに腰掛けて
後から乗ろうとする人を追い払っている(ように見えた)


なんで?なんで乗ろうとする人を追い払うの?

なにか企んでいるの?



疑心暗鬼
がふつふつと・・・

でも

バスは間違っていない自信があるし

  彼女の仲間が増えないうちはこのまま乗っていよう と思って

待ってると・・・・

10分ほどたったころ運転手が戻ってきた

すかさず運転手に
「ドゥオモ広場にいちばん近い停留所になったら教えてね」

と言うTraねこを
彼女はそばでジッと見ていた 


4~5人の乗客を乗せてバスは発車した 

頭の中のルート図通りに は進む  
バスに乗ればドゥオモ広場は あっという間

  左折する前に降りればいいんだからソロソロだな

運転席の近くで様子を見ていると・・・
運転手はTraねこに何も言わずに左折した 



えっ 何で言ってくれないのよ


と思ったら

運転手は 次の停留所でバスを止め
「ここだよ」 と言って 右斜め前方を指さしている


「ここ?」と確認すると

当然のように頷いて 右斜め前方を相変わらず指しつづけている ( ´_ゝ`)フーン


バスから降りたTraねこが ふと振り向くと・・・・

例のオネエチャンが続いて降りてきた (←疑心暗鬼 再発)


そして


彼女は愛想なく しかし 的確に

広場への入り口を教えてくれて 去って行った 




疑って  (*_ _)人ゴメンナサイ






<その2> パレルモの にて
P5291801

                          はるか高くに掲げられたバス停の図
                                   ↑
                           いくらなんでもあの図を見るのに丁度いいくらいに背が高い人は見かけなかったよ




乗ったバスの刻印機は調子が悪かった



Traねこより前に乗った人たちもみんな

何度もやり直したり
2枚重ねてやってみたり・・・でも うまくいかない・・・・ ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…



Traねこも手を伸ばして試みたけれど
なかなか上手くいかず・・・

隣のオバサンが「自分のと2枚重ねてやってみよう」というので
やってみたら・・・・

1枚だけ刻印できて 出来なかった1枚を返されたり・・・  (・_・)エッ....?




横から他の手が伸びてきて やってみるけれど
・・・ヤッパリ うまくいかない・・・           

何回もチャレンジして
やっと刻印できた人が
上手くいかないことを説明しだしたりして・・・ うるさい、うるさい・・・・


なんだか もう 


メチャクチャ


貴重品に気を払いながら
何度もチャレンジするのに嫌気がさしてきたころ   ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

2枚重ねてやってみたら 2枚ともうまくいって
ホッとして 連れの方を振り向いたら・・・






連れのふくらんだポケットの表面に手が伸びて
中の物がなんだか探っている


えっ



Traねこは すぐさま
その手を叩くように 払いのけた    ( ゚皿゚)キーッ!!

その手の持ち主の顔を見たら ・・・

慌てる でも 悪びれる でも 笑う でもなく平然としている 




周囲の人たち
はみんな仲間 なのかしらん???



<その3> ・・・・ 続く

« シチリア 2014 (8) カターニャⅡ 魚市場 | トップページ | シチリア 2014 (10) 真っ白 »

イタリア」カテゴリの記事

コメント

パレルモのバス 危なかったですねー(汗)
「はるか高くに掲げられたバス停の図」には思わず苦笑です

カターニアのバス!
そうなんですよ
①運転手は居なくなる
②乗客は、停まっているアッチコッチのバスにしょっちゅう乗り換える
なんかよくわからないカターニア駅前でした

> yanpiiさん

いやはや地方のバスはムズカシイ
それに混んだバスには危険がイッパイ
サリーナのバスも帰国後調べてもどうなっていたのか
よくワカラナイ  ( ゚д゚)ポカーン

それでも懲りずにまた乗るでしょう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シチリア 2014 (9) 識別不能Ⅰ:

« シチリア 2014 (8) カターニャⅡ 魚市場 | トップページ | シチリア 2014 (10) 真っ白 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ