« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の記事

2014年9月30日 (火)

ドイツ秋旅 2014 (5) ボンの我が家

P9150041                                  アパート入り口



1階は 客が入っているところを見たことがない不動産屋
2階~4階 が アパートメント

右側のドアの鍵を開け
階段を上った3階が ボンの我が家




間取りは

[ 広いリビング]+[廊下]+[寝室]+[ダイニングキッチン]+[バスルーム]  の
ひろびろ~~1LDK
P9160139_2
                        寝心地サイコーのソファーベッド

P9150037_2                           リビングとダイニングキッチンをつなぐ廊下




P9150034_2

P9150038_3                                         第二の食卓

P9150035_4
                       おやすみ~~







ホテル併設なので

朝ごはんは隣のホテルに食べに行く
P9180252_2P9180251_2


ハム、チーズ、シリアル、パン各種
ヨーグルト、フルーツ、ジュース
そして コーヒー、紅茶 のふつうの朝食
だけれど

好みに応じて調理された温かい卵料理が
ウレシイ






マルクト広場にも

    ボン大学にも

       ライン川にも近く

U (地下鉄)の駅入り口まで・・・ 2分かからない
P9190322






じゅうぶんな 広さ設備安心感 があったから
自分の のように 5日間を過ごしてきた

毎日、掃除(タオル交換、ベッドメーキング、ゴミ捨て、布巾交換)が入るから
むしろ日本の生活よりラクだったような・・・

 



“ 暮らすように旅する in Bonn ” 
は 大成功

2014年9月29日 (月)

ドイツ秋旅 2014 (4) ボンの誇り

P9160135                                 ボンの自慢は やはり この人 だろう



                                 



道路に面したこのドアの

P9180277


右隣のショップが ベートーベンの生家への入り口
P9180279







道路に面したピンク色のの 後ろにある
黄色い がベートーベンが生まれた家
P9180282                           このの 3階の端の部屋で産声を上げた

ピンク色の は増築部分






生ピアノの音色 が流れる家の中を

誤植満載の読みにくいパンフ片手に
ベートーベンの一生をたどった          


ベートーベンといえば

P9180275_2                          この顔が思い浮かぶけれど・・・・

掲げられた肖像画の中のベートーベンは

こんなに眼光鋭くない ショートヘアの
普通のオジサンだった





この町でベートーベンは
P9180268                                    とても愛されているようだ

2014年9月27日 (土)

ドイツ秋旅 2014 (3) ケルン

P9160097






ボンに滞在中のある日

DBで約20分のこの町に出かけた





ケルン
 といえば世界遺産の大聖堂

P9160128


スリに気を付けるよう しつこいほど 言われた10数年前より
大聖堂前の広場は良い環境になっているような気がした





大聖堂はDBのケルン中央駅前に デーーン と構えている
P9160064
だから 鉄道利用者にはとても都合の良い世界遺産





10数年前は

この大聖堂前にで ポンと連れてこられ
脅されながらの 世界遺産見物だけで終わったケルンだけれど

今回は

ケルンの町を ・・・・・・歩きたくて やってきた 






大聖堂の中は相変わらずの混雑ぶりだったけれど

ゾロゾロ練り歩くツアーの説明を傍で聞いたり・・・

と言うより 聞こえちゃう 

誰にでもわかる「東方3博士の聖遺物」の箱を眺めたり・・・

こんな椅子の手擦りを見つけたり・・・
P9160071_2                                         からだ、柔らかいのね ( ^ω^ )

塔に登るのはスルーして・・・

大聖堂内見学を終えたTraねこたちは 裏手に回り・・・・・・
P9160084

 ・・・・・・

P9160085                     ・・・・・・ホーエンツォレルン橋のたもとを目指す




この橋を渡った対岸から大聖堂を眺めてみたかったのだ




それと・・・

この橋の この部分もネ

P9160092                                        世界中で見かける「鍵」だけれど これはチトやり過ぎでは・・・


線路のすぐ横を歩いて渡った対岸からの眺めは トップの写真







1996年に世界文化遺産に登録されたケルン大聖堂は
一度「危機遺産リスト」に登録された (2004年~2006年)

その理由が
この対岸の高層ビル群建設計画  だった

 え? 世界遺産になっている大聖堂とは
 ライン川を挟んでかなり離れているし
 大体、地域が違うじゃない・・・

 まぁ、ライン川の真ん中から両岸を眺めれば
 同時に目に入ってはくるけれど・・・

P9160107


大聖堂とその周辺がつくりだす スカイライン が
世界遺産にふさわしく保たれていなければならず

「この地域の高層ビル群建設 は景観を破壊する」 という理由だったそうな・・・


ケルン市は計画を見直し

現在

メッセもあるこの地域は
高さ制限のある近代的ビジネス街 となっていて

ランチ時の街角はビジネスマン風の人々で賑わっていた




その秩序ある賑わいを通り抜け

P9160100                                           川向こうの旧市街を眺めながら ・・・・・・




・・・おなか空いてきたなぁ・・・



次の橋を渡って再び旧市街側にもどったTraねこたちは
一目散に

P9160115                                                       は もちろんケルシュだよ~~





観光客 や 怪しげな人でごったがえす大聖堂前を離れれば

P9160123                   

秋の日差し と 穏やかな空気 が 心地よい町

P9160120

P9160121_2                      すごいキバがある  この顔は一体なに?





この町は もう秋
P9160105

 

2014年9月25日 (木)

ドイツ秋旅 2014 (2) 旅の始まり

P9150015                                 フランクフルト空港長距離列車駅





今回の は JALフランクフルト直行便


まず・・・搭乗時の 「へ~~

優先搭乗の列が異常に 長い  w(゚o゚)w

それに

圧倒的に男性が多い (゚0゚)




次に・・・機内に入っての 「へ~~

ビジネス席が細かく(小さく)仕切られていてビックリ   (・_・)エッ....?

まさに シートの寿司詰 状況  ( ´艸`)プププ







JALだから

  周囲はall日本人
  着陸前の軽食は 吉野家コラボの「ミニ牛丼」
  そこここにあふれるJALスマイルに包まれての11時間半

まさにホーム感覚でフランクフルトに到着  

 

        *********************





旅のスタートは フランクフルト空港長距離列車駅

P9150017

長距離列車のといえば

人が多くてゴチャゴチャしているのが相場だけれど
この駅は人も適度でスッキリしている

「鉄道駅」というより「空港」って感じ (・∀・)イイ!




切符を買う人の列
P9150019


DB (ドイツ鉄道) 初乗車の列車は 10分遅れて発車した

2014年9月13日 (土)

ドイツ秋旅 2014 (1) 序章

暮らすように旅する 秋バージョン

にはまだちょっと早いけれど
拠点に選んだのは ドイツ、ライン川沿いの町 ボン




ベートーベンの生まれた町

東西ドイツ時代の西ドイツの首都 ・・・ くらいしか




知識はない   
ヾ(´ε`*)


ガイドブック の説明も 2ページくらい

世界遺産なんて一つもない

ネット で調べても目新しい情報は 出てこない  ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ 



ま、暮らすように旅をするしかない 町だね、きっと





今回は 乗り継ぎなしの直行便  \(^o^)/ワーーイ お気楽、お気楽

おまけに

行程も ラクラク~~  ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ




乗って・・・

ドイツ鉄道 乗って・・・

町歩き して・・・

マーケットで食材エトセトラ 買って
アパートで和風テイストな創作料理をつくったり・・・

日帰りプチ旅に出かけたり ・・・

チョットは観光要素も散りばめて  ・・・・・準備はできた


いってきま~~す 

2014年9月11日 (木)

スイス(19) 旅の〆はやはりココ

P7204685



長~~い乗り継ぎ時間を過ごすには・・・ キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ




あった 

リラックスシート

まだ 

これから長~いフライト が控えている    ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

体をのばして・・・・いざ 行かん

2014年9月 8日 (月)

スイス(18) SL

P7174175





お山の中行く 汽車ぽっぽ

ぽっぽ ぽっぽ 黒い煙(けむ)を出し

しゅしゅしゅしゅ 白い湯気ふいて

機関車と機関車が 前引き後押し

なんだ坂 こんな坂

なんだ坂 こんな坂

トンネル鉄橋 ぽっぽ ぽっぽ

トンネル鉄橋 しゅしゅしゅしゅ

トンネル鉄橋 トンネル鉄橋

トンネル トンネル

トントントンと のぼり行く    ♪~ (by 本居長世)




    この歌 知ってますか?


この歌詞の
「機関車と機関車」 を 「緑の機関車」 に替えれば


ロートホルン鉄道
に ピッタリ 


      あ、黒い煙は出なかった

 

            ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;


ブリエンツ湖畔の
P7174127                                                                            ブリエンツ駅(566m)から




P7174154                               中間駅プランアルプで水を足して・・・


P7174177                                シュッシュッ ポッポ

P7174169_2                                                  赤ポロシャツの 乗務員は みんなエンターティナー





P7174188                                                             ブリエンツ湖を見下ろしながら・・・



ロートホルン頂上(2298m) 直下の  

P7174243                        ロートホルン駅(2245m)まで1時間で上がる                           







ここから

P7174200                 15~20分 登れ ば ロートホルン山頂(2298m)

P7174196                                                             天気も良くて 眺めはサイコー





上の写真 右下の緑の斜面を走るSL
P7174234








テーマパークのアトラクションみたいな SLの旅
P7174145



おとな も こども も

2014年9月 5日 (金)

スイス(17) 生きかた

P7062662                                            電車通勤して・・・・

P7062697                                      休憩中の モデルワンコ








ゴンドラの中で
P7032449                                   ポーズをとらされる ワンコ





好き勝手に散歩 していても

P7184449

ご主人様の「Sit !」の一言で
P7184450                                              カメラ目線の ワンコ



ワンコって タイヘンね

一方・・・

ニャンコは

P7092927                           いつだってマイペース 「ここ 好き」



飼い主に言われてポーズをとったことも

働いたことも



ありません 

2014年9月 3日 (水)

スイス(16) アルプスのダンス隊

P7184359










この人たちはP7184354_2                                            踊っている





ハイキングトレイル・・・・・・・・・・・・で



P7184355                                      ハイカーは足を止めて見ている ナニヤッテルノ???



P7184352                                   「はい!ジャーーンプ





インドの

映画や音楽やダンスが
なかなかオモシロイことは

Traねこも知っている




なぜ ここで 踊るのだ



高地訓練中?

ここで練習しておけば
どんな苦しいダンスもOK ってこと?

でも




なかなか揃わず
P7184414                                     バラバラ~~   (´,_ゝ`)プッ






前途多難 


P7184356                                                      オッ   ちょっと揃ってきたぞ  (・∀・)ニヤニヤ

 

2014年9月 1日 (月)

スイス(15) シャーロック・ホームズ色の町

P7174118                                         ん? ロンドン?





シュヴァルツヴァルトアルプで を乗り換えて

着いた町は

P7174066                                            マイリンゲン



コナン・ドイルが

ここを 「シャーロック・ホームズ終焉の地」 としたから



この町は

P7174071                                            ホームズの町





町はずれからケーブルカーに乗って行く
P7174079



ホームズが死んだとされるライヘンバッハ滝は

P7174080                      ふ~~ん、こんなもんか・・・華厳の滝みたい 





だって



こんなのがあって・・・なんか期待外れ 

P7174107                      この滝に感動してホームズを死なせたの????






これだけではなかった  





滝の上に出る道は

P7174084                                  けっこうキツク・・・

P7174095                  大きいのや 小さいのや いろんな滝を見られるけれど・・・


P7174096_2                             けっこう長い ・・・・・・








最後の滝の上で 道は二つに分岐し

滝上のバス道へも出られるし

そのまま歩き続けて・・・・・ 

マイリンゲンの町に下る ことも出来るし

    歩かなかったので 何分かかるか はワカラナイ


来た道を戻って

ケーブルカーで下りる ことも モチロン OK

P7174105

歩く気 満々でこの滝を訪れたら

ケーブルカーの は片道にしておこう   φ(・ω・ )メモメモ





それにしても

この滝、ホームズが死ぬほどの滝かなぁ・・・?

 

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ