« 2016年6月 | トップページ

2016年7月の記事

2016年7月17日 (日)

転居通知

お立ち寄り ありがとうございます。

南イタリアの旅の途中ですが

「Traねこのまいぺーすブログ1」は手狭になったので
ここはそのままに
下記住所に転居いたしました。

お近くにお越しの際は ぜひお立ち寄りください
今後も変わらぬお付き合いをよろしくお願いします m(_ _)m

尚 表札は「Traねこのまいぺーすブログ2」 と掲げております。

新住所:http://traneko2.cocolog-nifty.com/blog/

2016年7月 5日 (火)

2016 南イタリア(18) プライアーノ③ こんなところに日本

P5231336                           サン・ルカ教会の奥に合気道の道場があった


                           



プライアーノのサン・ルカ教会横の階段を上っていたら
P5231356




ひとりのおじさんに 「Japanese?」 と声をかけられた

「Yes」 と答えると
「My teacher is  Japanese」と嬉しそうに言う  

「なんの先生?」 日本語習っているならヘタでもいいから日本語話してよ
「○イキドウ」 え?あー! 「合気道ね」

「どこで習ったの?」
「ここで」

「プライアーノで?」
「道場がそこにある、見ていかないか?」





確かに道場はあったけれど

いつ習ったのやら・・・と思ったら

P5231338                                        いまの話だった




彼は TeacherTada  を 尊敬しているようで

P5231340_2

来客を待たせて いろいろ説明してくれた 

P5231339              これをスラスラッと読んだら 目を輝かせて「Oh!」と言った






「シアツも習った」
「シアツ? あ~指圧ね!」

Traねこたちへの一通りの説明が終わると
待っていた患者の指圧治療が始まった
P5231342



意外なところでの日本との出会いだった 

☆ 次回から
  「TraねこPartⅡ」
http://traneko2.cocolog-nifty.com/blog/ に移動します
  「PartⅠ」もこのまま生き続けます
  よろしくお願いします 
m(_ _)m

2016年7月 3日 (日)

2016 南イタリア(17) プライアーノのTraねこ的歩き方②

P5230010                                          プライアーノ






すったもんだの末

道路に降り立ったTraねこたちの前を
手を挙げる間もなくスモールバスが通過していった  

 え~~ 
  いまのスモールバスだったよね・・・行っちゃったーー 

仕方ない・・・

お腹が空いていたTraねこたちは
遅いランチ にすることにした

お腹がいっぱいになったら
いつ来るか分からないスモールバスを待つ気が失せて
明日のリベンジを胸に 帰路についた 



翌日


今日も天気は
さあ!リベンジだ



今日のソレント→ポジターノのルートは
山越えコース

左右の窓にナポリ湾 とサレルノ湾 を同時に見下ろす峠 を越えて
山道を抜けたは 昨日通った道路に合流した
P5231305



ポジターノのスポンダで
町へ下りていく人たちを見送り
ひたすらスモールバスを待つ ・・・待つ ・・・待つ


昨日ここを通って行ったのを見たのに
今日は待てど暮らせど・・・・来ない 

40分待ちでやっと来た

P5231309                      今日はスモールではないけれど確かにこの色だ!

ナゾだったこのは ローカルバス


先客は土地の人々が数人だけで 観光客は乗っていなかった
「プライアーノまで」と切符を買って、発車

バスは見慣れたプライアーノの町に入った

昨日の分かれ道のバス停で降りようとしないTraねこたちに
ドライバーが「プライアーノだよ」と声をかけてきた

 昨日と同じ展開だ、でも今日は慌てない


「S.Luca に行きたい」 と言ったら

前の座席に座っていたおじいさんが振り返って

「だいじょぶ、だいじょぶ、このバスはこれからそっちに行くよ」

 知ってる、昨日教えてもらったから・・・

と 思ったけれどそんなことはオクビニモ出さず・・・

「そうですか、よかった~~」

を降りたら細い道をまっすぐ歩いていくと S.Luca だよ」 と

手振りを添えて話してくれた (/ ^^)/アリガトネ


バスは高台への道に入り 坂道を上っていく 

バスが目的地に着くまでおじいさん

「どこから来たの?」
「どこに泊まっているの?」
「もうすぐだよ」
「自分はそこに住んでいる」と話し続けた ペラペラ・・・・

やがて、が小さい広場に停まると

は一緒に降りて
「この道をまっすぐだ」と指し示して手を振って姿を消した 

P5230006                             ローカル を降りたサン・ルカ広場

P5231312                               確かに SITAバスではない

おじいさんに言われた道をたどると ・・・

P5230004




P5231328                                                                          サン・ルカ教会

P5231331_2                     床のタイルもテカテカせずに落ち着いていていい感じ

P5231352                                  訪れる人もまばら・・・

崖の途中の町だから あっちも

P5231326


こっちも
P5231327


そっちも
P5231324                                  階段だらけ

工事も荷物運びは

P5230029                                          頼み

時折 バイクがすごい勢いで 走り抜けていくけれど
なんともノンキな空気感

町をしばらく歩いて ・・・

帰路はバスに乗らずに歩いて下の町へ下りた  ・・・

P5230014



P5230020_2                            炎天下、車道を歩く ・・・のは我々だけ
                               

                                  

P5230021                            目的地までの距離も書いて欲しい 


P5221264             ガッリ諸島 や カプリのファラリョーニの岩影 を眺めながら・・・ ・・・

・・・ ・・・・・・と 約15分

例の分かれ道まで下りてきた
P5221281_2

P5230106          あっ ローカルバス停の表示に「Vettica Maggiore」と書いてある 

       やはりこのバス停は「プライアーノ」ではなく 「ヴェッティカ」じゃないか! 



の情報 と
土地の人々の情報 は

時として 食い違う         


公共交通機関 だけを使って
ガイドブックにも詳細が載っていない町を極める難しさを痛感した
ポジターノの町歩き だった

 

2016年7月 1日 (金)

2016 南イタリア(16) プライアーノのTraねこ的歩き方①

P5221278                              プライアーノの海辺のジェンナーロ教会


                                                                     

スポンダのバス停に戻ったTraねこたちは
隣町、プライアーノ に向かった

ポジターノのメインビーチから見るとプライアーノはここ

P5221215


プライアーノは
アマルフィ海岸の中でもいちばん海に突き出た岬にあるので
よく晴れた日にはカプリ島の特徴的なファラリョーニの岩まで見渡せる町

 今日は晴れているので さぞかしよい眺めだろう




スポンダのバス停から乗り込んだ
アマルフィ行きのSITAバスのドライバーに
いつものように

「プライアーノになったら教えてね」 とお願いする ´ω`)ノ ヨロシク!



この路線の乗客は 観光客がほとんどなのに
車内アナウンスはもちろん、どこにもバス停名が出ないので

終点以外安心して乗っていられない 

気を付けないと
国道163号線を走るSITAバスは
あっという間にプライアーノを通り抜けてしまう 



スポンダを発車したは いくつかカーブを曲がり 
1つか2つ停留所に停まり 

     STOP   STOP 

町らしきところに停まったので
「プライアーノ?」と聞くと ドライバーは頷いた  教えてよ~



乗客はたくさんいたけれど降りたのは我々だけ

     ほとんどの観光客が一路アマルフィを目指している 




ここはどこだ?
と キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ 周りを見回すと 
P5221258_2                             ジェンナーロ教会がすぐそばにあった




・・・ということは プライアーノの下の町 ヴェッティカ地区ね  (  ̄^ ̄)ゞリョーカイ

P5221285



P5221289                      マヨルカ焼きのタイルの床も明るいジェンナーロ教会


さて

次は高台にある 上の町(プライアーノ地区というらしい )に行こう

手元の簡単な地図では高低差が分からないけれど
163号線を進んだ先にありそうだし
そこそこ距離もありそうだから

また に乗ろう! ←24時間だから何回でも乗っちゃおう



やがてやってきたSITAバスに乗り込み、発車した車内で
例のごとくドライバーに

「プライアーノになったら教えてね」 と言ったら

ドライバーは 「すぐそこだよ、歩けるよ」 と言いながらバスを走らせ

「プライアーノだよ!」 と100mくらい先のバス停に停車して言った




(え?ここはヴェッティカ なんじゃないの?)
上のプライアーノ地区に行きたいの」
(何を言っているんだ?という顔で) ここがプライアーノなんだよ」

  満員の乗客たちの視線を全身に感じつつ
  仕方ないのでガイドブックの地図を見せて説明しようとすると

「僕は中国語も日本語もワカラナイ」

 ハイハイ ┐(´-`)┌ ・・・そう言うだろうと思っていたよ 
  Traねこはイタリア語がワカラナイ



イタリア語のドライバー と 英単語のTraねこでは
会話が全くかみ合わない

けれど

なんとかしなきゃ・・・

上の地区にある教会名を連呼してみた



Church S.Luca(サン・ルカ教会) 、S.Lucaに行きたい、   
  S.Luca



すると そばにいたドライバー補助員みたいなオジサン

「S.Luca  それならSmall Bus(←これだけ英語)


「スモールバス?」 

   あ~~今日ときどき見かけたSITAバスではないナゾの か・・

補助「そう、ここで降りて そこのバス停で乗るんだよ」

 ありがとう ほんとに サンクス♪(o ̄∇ ̄)/
   ドライバーより あなたのほうが勘がいい  (*^ー゚)bグッジョブ!!


そこは163号線から高台方面へ道が分かれているところだった

P5221281                SITAバスを最初に降ろされたバス停(プライアーノ)の
                1つ先のバス停 ←このバス停もプライアーノなんだとさ



プライアーノの高台の町へは

SITAバスでは行けません 

 

« 2016年6月 | トップページ

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ