アイスランド

2015年3月21日 (土)

氷と火の国 2015 (15) The northern lights

Img_0407                                            (Photo by MK)







オーロラを求め 彷徨い走る オーロラハンティング

可能性のある晩は数十台(?)の
レイキャヴィーク周辺の闇の中を走りまわる のだとか・・・・


レイキャヴィークを出発した
今宵のねらい目・レイキャネス半島の先端へ向かってひた走る 

レイクホルトでろくなオーロラを見られなかった一行の
期待値はハンパではない  オーッ!




市街地を抜け 

辺りが暗くなってきたら・・・

夜空に☆ が見えてきた 

   外の暗さに反比例して・・・車内の空気は明るくなっていく

の数はドンドン増えてきて・・・・

   アッ! オリオンの三つ星だ ☆ ☆ ☆
    いちだんと大きく明るい☆ は 木星 ?

みんなの 「今宵こそは・・・」 の 気持ちが大きくふくらんだ頃・・・

バスは止まった stop

え? 出たの?

と 見上げた空に 白い大きなオーロラが横たわっていた \(^o^)/

Hunting4                                    ( Photo by MK& KK)


                                                                                    



肉眼ではこんなに緑色には見えないけれど

オーロラは姿を変え

Img_0450                                                                                            (Photo by MK)






色を変え
Img_0421                                                                                            (Photo by MK)






またゆっくりと姿を変えて
Hunting3                                        (Photo by MM & MK)






星空の中で
8144                                     北斗七星とのコラボ





1時間以上輝き続けた
Img_0423                                              (Photo by MK)


                                                                                    

 

動きの少ない &  肉眼では色も物足りないオーロラだったけれど

長時間 見られてメデタシメデタシ  (v^ー゜) ヨカッタネ!!





☆オーロラの写真を提供してくださったK様 & K様   

 ほんとうに ありがとうございました  m(_ _)m 感謝・感謝でございます

2015年3月14日 (土)

氷と火の国 2015 (14) オーロラノック

レイクホルトの
オーロラノック なるものを初体験した



これは
オーロラが出たらホテルの人がドアをノックして   教えてくれる
というシステム ( ´_ゝ`)フーン




このオーロラノック のことを聞いたとき

Traねこは え~~ それで間に合うの? と思った   ┐(´д`)┌ムリムリ・・・・





これまでのオーロラ経験では

あ、オーロラだ

・・・・ と見つけたオーロラは
姿・色をどんどん変えて変身し

されてから
着込んでホテルの奥の方の部屋から出てきた ころには

あとの祭りになっているのでは・・・・とかなり懐疑的だった      





北向きの部屋なら すぐに窓から見ることも出来るけれど
Traねこの部屋は西向きで

おまけに窓の外は 教会と墓地の明かりが一晩中

P2190142                                                                           どのクロスも中心に電球
                          周囲をグルッと青いライトが縁取っている 大きいクロスも・・・





まず この窓からオーロラは見られないだろう・・・・ 

全天を覆うようなオーロラなら話は別だろうけれど・・・






それに・・・・

   一晩目はときどき まで降っていた     (´・ω・`)望み薄~~




しかし・・・・

   オーロラはいつ出現するか予測がつかない  ( ̄ー ̄)ホントダヨ




とはいえ
・・・・

   夕食後  は激しくなってきて・・・・

   窓をたたくような雨音を聞いて
   Traねこはお風呂に入ることにした     (・∀・)決めた!

気分で ノ~~ンビリ

タイムが終わった頃には
今夜のオーロラは諦めていた    (v^ー゜)また明日

   

   

   

   

明日の準備をしながら  髪を乾かしていたら・・・・ 





キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

     




えーーーー
  アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

髪はナマ乾き だし 軽装もいいところ ・・・・半袖 & 素足




しかし・・・・ 行かないのは惜しい       (。>0<。)




なので・・・ 
行きましたよ、大急ぎで支度して  



廊下に出ると・・・みんな あせったように玄関に向かっている 

いいね、いいね この高揚感 





で・・・ 
どんなオーロラだったかというと・・・・



はかな~~いオーロラ
  (´・ω・`)ショボーン




しばらくとどまったけれど

まぁ ここまでだな・・・ と見切りをつけて部屋にもどって 寝た 











この夜はこれで終わりではなかった・・・





ドンドンドンドン






熟睡 していたTraねこは ノックの音で飛び起きた Σ( ゜Д゜)ハッ!



えっ
 寝過ぎた  出発時間  ど~~しよう 
(。>0<。)





そのとき・・・

廊下でドアを次々ノックしながら

「オーラ!」  「Northern lights !」  と叫ぶ声が聞こえてきた

あ~~ よかった 







気を取り直したTraねこは
今度は素早く支度して

 さっき寝るとき
 夜中の に備えて
 防寒武装は完全解除しなかった



外に飛び出した

Img_0155_2

                                                      2015/2/19 未明 (Photo by MK)   

肉眼ではこんなに見えなかったけれど 確かに出ていた 


雲がチョコッと切れたのね (´,_ゝ`)フムフム

 

でもねぇ・・・・これじゃあ・・・



部屋に帰って 寝た








・・・・朝はもうすぐ・・・・











オーロラノック

 ・・・・・

ありがたい けれど 落ち着かなくて 心臓にワルイ 

 

2015年3月13日 (金)

氷と火の国 2015 (13) レイクホルト

P2190108



レイキャヴィークから北東に 約 100 km

オーロラ観測のメッカ(?)といわれるこの村も
P2190109

ホテル の蛇口から出てくるお湯は 天然温泉

バスタブに浸かると・・・・
硫黄の香り と お湯のちょっとぬるっとした感触が
日本の を思い起こさせる



昼間 も 夜

歩いている 人影は見当たらないけれど
    寒いからみんな  の中

車はそこそこ走っている

P2190111







それにしても

の前の道は  ケッコウ明るい
P2190146                  電気代も安いので
                                  “明るい村づくり” を心がけているのかしらん  メイワク・・・



ここでの オーロラチャンスは2晩

さて どうなるか・・・・・ つづく

2015年3月11日 (水)

氷と火の国 2015 (12) ブルーラグーン

P2200223




地熱発電所で不要になったお湯が
ドンドンドンドン・・・・・貯まってしまったので・・・・最初は


溶岩台地の大きな穴に貯めていたけれど

今では世界一広大な露天風呂 ・・・・・・・・ (v^ー゜)大成功だね!!

P2200196                          ケイ素・塩分豊富な温泉水で・・・・


P2200191                         お湯の色は白濁したブルーラグーンブルー



P2200186                  例の国のお賑やかグループ  Σ(゚д゚lll)ヤカマシ




P2200197                                          見張りもいるよ




こういうところは

立ち寄り じゃなくて
ゆ~~っくり 滞在して 

  ・・・・ スパでエステ &マッサージ ・・・・オーロラ・・・・ そして

P2200185                                            ゆっくりお食事


・・・・・と フルコースで楽しみたいね

2015年3月 9日 (月)

氷と火の国 2015 (11) 広がる国土

P2180072                                                                    アルマンナギャウ(Almannagja)



フツウの雪原に見えるここが ギャウ(地球の割れ目)


ギャウはひとつだけでなく
大小いくつもあって その姿もさまざま 




「割れ目」というと

両側に高い崖がそびえ立つ狭い隙間 を思い描くが
「地球の割れ目」はそんなんじゃない 



    

      ************************



地球上の大陸や海は
地球表面を構成しているいくつかのプレートの上に乗っている   ( ^ω^ )フムフム・・・


アイスランドの真下では
北米プレートとユーラシアプレートが生まれていて

その境目は 毎年数センチずつ東西に拡大し
開いた割れ目には、地下からマグマが供給され、新しく地殻が作られている 




この地球の動きが長~~い間くり返され・・・・・・

いま目の前に広がるギャウの眺めとなった







アルマンナギャウ(Almannagja)

を訪れたときの天候は ・・・・



とてもワイルドなギャウ体験だった 

P2180076



片側に北米プレートの崖がそびえ立つこの道を ・・・・・・・・・あいだにも
顔面やレンズ に氷の粒がバンバンぶつかってくる アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! イタイヨ~~





崖の反対側には
P2180077_2                       一段落ち込んでギャウが広がる

そして はるか先に ユーラシアプレートの端っこが・・・・ (ノд・。)見えない・・・ 



にも負けず にも負けず

約30分歩いたら・・・・・・・・・・・・・・・・

全身グッショリ

みなさんガックリ  _ノフ○ グッタリ

バスに戻って
コートの裾を絞ったら  したたり落ちた



視界が遮られたのはザンネンだったけれど
ケッコウおもしろかったよ 



過酷
であるほど記憶は 鮮明

例えば・・・http://mypace-mypace.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/real-patagonia-.html

         ↑

       ここもかなり激しかったなぁ



ゼッタイ忘れない 豪雨&みぞれ のギャウウォーク





上記 プレートやギャウの Traねこ的理解、
  間違っていたらご指摘ください・・・付け焼刃なもんで・・・
ヾ(´ε`*)ゝしょせんです、 エヘヘ

 

2015年3月 8日 (日)

氷と火の国 2015 (10) 地熱利用

P2190116                                          最大源泉で ゆで卵


アイスランドの地面の下は地熱がいっぱい
全土床暖状態



地熱発電所

P2180020





源泉から数十キロ離れた町へお湯を送るパイプライン
P2190115                                 アイスランドのはお湯暖房








地熱発電所から不要になったお湯を へを送る(多分)パイプライン
P2200228







5~10分おきに熱湯を噴き上げる間欠泉
P2180061




ほかにも地熱現象・地熱利用は数々あれど

旅人である我々が直接利用した地熱は・・・・温泉卵



キーーーンッ と張りつめた冷気の中
源泉からモウモウと上がる白い蒸気の中に 数分居ると
P2190118

でもないのにコートはビッショリ


源泉に 約10分浸けた生卵はゆで卵に変身し

日本のキッチンで作るゆで卵は
すぐに冷水に入れなきゃならないけれど

冷蔵庫の中みたいなここでは熱湯から引き出すだけでOK




アツアツの温泉卵、ごちそうさまでした

2015年3月 5日 (木)

氷と火の国 2015 (9) 水の風景

P2180035_2




氷河から溶け出した水の流れが
勢いよく落下する グトルフォスの大滝




ここは

溶岩の& 氷と雪と水が綾なす が造りだす

モノトーンの世界

滝つぼ近くへ下る道は冬季クローズ Stop

滝の上へ続く道は

P2180048                                 シャーベット ところにより


行き止まりのここから

P2180049


見下ろす 流れの景色も
P2180050                                           モノトーン   

 

2015年3月 4日 (水)

氷と火の国 2015 (8) 旅の足跡

Img_2






ピンクのライン が アイスランド滞在4日間の旅の足跡     
黄色いは オーロラキャッチポイント 

 大体デス、間違えているかもしれない・・・分からないところは切れている ・・・
   
基本ツアーは人任せ 


「オーロラを求めて」コースの定番





レイキャヴィークを出発した

P2180015                                                



                         

                 

                    

P2180018                                         三菱大活躍の・・・・・

P2180020                       ヘトリスヘイジ地熱発電所 ← 風が強かったー

ここでは
Traねこが大好きな (地熱に関するビデオ)を見て  ・・・・

       世界中 どこに行っても があったら必ず(と言えるほど)見てるよ





一路 グトルフォスの大滝 を目指す    つづく 

2015年3月 2日 (月)

氷と火の国 2015 (7 ) レイキャヴィーク⑤

P2180011




アイスランドは クレジットカード社会

トイレチップがカード払いのところもあったし
カード処理はどこも素早くとってもスマート

たいていの支払いは キャッシュでもカードでもOKだけれど
キャッシュでなければダメなのはバス代

 ここまでカード万能だと なぜ でカードが使えないのか 不思議 だし 不便

Traねこは に乗りたかったので
銀行でアイスランドクローネ(ISK) への両替をした

  ¥1.000 → ISK 1.072 (2015年2月)


しかし 

キャッシュは ほんとうにバス代以外 使わなかった w(゚o゚)w


レイキャヴィークのアイスランド銀行は

どこかの銀行のように 玄関前に門番がいて
来店理由を感じ悪~~く尋ねてくる ←(不審者に見えたのね、きっと
敷居の高さもないし 

中は

P2180009                           静かで、落ち着いて両替できるし・・・

P2180010                                                  もご自由に

コーナーの奥は子供のプレイルーム

を頂きながらひと休みできそうなコーナーもあったし
レイキャヴィークの銀行、オススメです イイヨ





2015年3月 1日 (日)

氷と火の国 2015 (6) レイキャヴィーク④

P2210327                                                                                                     チョルトニン池





その畔には市庁舎もあるチョルトニン池は レイキャヴィークの中心

真ん中の島へは 凍った水面を 歩いて 渡れる ・・・・・・ようだ







鴨やアヒルや白鳥達が集うところの水は

P2200164                                                      凍らないように温められている のだとか・・・

P2210325








毎日 餌まきオジサンが登場

P2200168                                                                                          昨日はこの人





P2210328                                          今日はこの人







そろそろ・・・北国の冬のが傾きだした・・・・ 




週末の夕方風景を眺めながら ホテルへ戻ろう・・・・・・・・・

P2210343                                    ショップにも灯りがともり・・・


飛び込んだスーパーマーケットは
閉店間際で入店を断られ・・・・・・・・ ┐(´д`)┌ヤレヤレ






P2210346                                人々はターミナルを足早に歩く




P2210351                         町はずれの道には人っ子ひとりいない




P2210350                                        気温は-5℃





ホテルはもうすぐ 

最近のトラックバック

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ